緑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

中山地域ケアプラザ マスコットキャラが誕生 大学生や住民も作成協力

文化

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
マスコットキャラを囲む大学生や職員ら
マスコットキャラを囲む大学生や職員ら

 中山地域ケアプラザに親しみを感じてもらおうと、同地域ケアプラザはマスコットキャラクターを作成し、1日に初公開した。

 デザインは、横浜創英大学3年生の淺岡里咲さんと小野利紗さんが担当した。地域住民から中山エリアの特徴を聞くアンケートも実施。その後、イメージをもとに、話し合いを重ねて完成した。

名前は「けあめろ」

 完成したキャラクターの名前は、「けあめろ」。昨年12月に公募した約600件の応募のなかから選んだという。地域ケアプラザの「けあ」と同施設が入る建物名「ハーモニーみどり」から「メロディー」を連想し、「めろ」を組み合わせた。親しみやすい響きであることなどが選定理由だ。

エナガをモデルに

 デザインは、同地域ケアプラザの周辺にいる「エナガ」という鳥がモデルになっている。エナガの尾は長いが、その長さをト音記号にするなど工夫を凝らした。

 肌の色は、同地域ケアプラザの近くにある大きな桜の木をイメージしたピンク色。着ているワンピースは、楽譜の柄になっている。さらに、このワンピースは、緑区地域活動交流コーディネーター連絡会のキャラクター「チコル」とおそろいになっている。

 淺岡さんは「自分が一生懸命作ったデザインが使われるのはうれしい」と笑顔だ。小野さんも「何度も修正して、可愛らしいキャラクターに仕上げることができた」と満足げだった。

 ボランティアで関わってきた野場孝司さんは「地域を盛り上げるキャラクターになると思う」と述べた。同地域ケアプラザの田中志乃所長は「地域住民や大学生の協力を得て、完成させることができた。感謝したい」と述べた。

緑区版のローカルニュース最新6

ボランティアを続けよう

ボランティアを続けよう 社会

つなぐ・つながる講座

2月13日号

ドキュメンタリーを上映

ドキュメンタリーを上映 文化

SDGsに関連した映画

2月13日号

シニアの家計簿を学ぶ

シニアの家計簿を学ぶ 社会

3月7日、中山で勉強会

2月13日号

県内書家の作品一堂に

桜木町

県内書家の作品一堂に 文化

約180人が出展

2月13日号

「結婚」身近に 実践セミナー

「結婚」身近に 実践セミナー 社会

横浜市主催 親向け講座も

2月13日号

『スマホを落としただけなのに』

横浜市在住の作家志駕晃さん

『スマホを落としただけなのに』 文化

デビュー3年で続編映画化

2月13日号

横浜スカーフ大使募集

横浜スカーフ大使募集 文化

魅力を県内外にPR

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常の不安を解消

講習会

日常の不安を解消

るるる*みどり館で20日

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク