緑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

ミニバス男子 長津田第二が準優勝 県大会で創部初

スポーツ

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
メダルや賞状を手に笑顔の長津田第二の選手ら
メダルや賞状を手に笑顔の長津田第二の選手ら

 「第40回神奈川県ミニバスケットボール決勝大会チャレンジカップ」の決勝が1月25日、小田原アリーナで実施された。男子の部で、区内長津田第二小を拠点とする長津田第二ミニバスケットボールクラブ(中島定治監督)が創部以来最高の準優勝となった。

 同大会男子の部には、秋季大会で上位の成績を残したシードチームを含む32チームが出場。トーナメント形式で全国大会出場の切符をかけて熱戦を繰り広げた。

 同クラブ男子のこれまでの最高成績は県でベスト16。今年のチームは目立った身長の選手はいないが、ルーズボールやリバウンドを粘り強く拾うことなどを徹底し、「目指せ全国」を目標に掲げ、練習に励んできた。

 迎えた大会では、初戦2回戦を順調に勝ち進んだ。3回戦の葉山ミニバスケットボールクラブ戦では、相手チームの試合を事前にビデオで分析。ディフェンスを強化し、47-45で競り勝った。

 準決勝の相手は、関東大会2位の強豪・横浜山手中華学校ミニバスケットボールクラブ。平均身長も相手チームのほうが高く、苦戦を強いられるかと予想されたが、相手のオフェンス時にゴール下やその付近にボールを入れさせないようなディフェンスを徹底。33-25で退け決勝へ。

 決勝は東希望が丘ミニバスケットボール部。中島監督の「ゲームコントロールができなかった」という分析の通り、序盤から相手にリードを許し、39―47で惜敗。選手たちは涙を飲んだ。

 中島監督は「あと一歩だったが本当に頑張ってくれた。チーム一丸となって戦った大会だった」と大会を振り返り、「悔しい気持ちは確かにあるが、緊張しないで楽しめた。決勝まで進めたので達成感のほうが大きい」と話す亀山颯冴キャプテンの顔は笑顔だった。大会の最優秀選手に仲本明翔選手、優秀選手に亀山キャプテンが選ばれた。

緑区版のトップニュース最新6

3年連続 関東大会へ

田奈中女子陸上

3年連続 関東大会へ スポーツ

「上位校と競い合いたい」

11月26日号

選抜21世紀枠候補校に

白山高校野球部

選抜21世紀枠候補校に スポーツ

「多くの支えに感謝」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

宮内建設が第4期登録

神奈川SDGsパートナー

宮内建設が第4期登録 社会

区内では2例目

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

ポスターで商店街応援

緑区役所

ポスターで商店街応援 社会

デザインは地元画家

11月12日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク