緑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

ミニバス男子 長津田第二が準優勝 県大会で創部初

スポーツ

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
メダルや賞状を手に笑顔の長津田第二の選手ら
メダルや賞状を手に笑顔の長津田第二の選手ら

 「第40回神奈川県ミニバスケットボール決勝大会チャレンジカップ」の決勝が1月25日、小田原アリーナで実施された。男子の部で、区内長津田第二小を拠点とする長津田第二ミニバスケットボールクラブ(中島定治監督)が創部以来最高の準優勝となった。

 同大会男子の部には、秋季大会で上位の成績を残したシードチームを含む32チームが出場。トーナメント形式で全国大会出場の切符をかけて熱戦を繰り広げた。

 同クラブ男子のこれまでの最高成績は県でベスト16。今年のチームは目立った身長の選手はいないが、ルーズボールやリバウンドを粘り強く拾うことなどを徹底し、「目指せ全国」を目標に掲げ、練習に励んできた。

 迎えた大会では、初戦2回戦を順調に勝ち進んだ。3回戦の葉山ミニバスケットボールクラブ戦では、相手チームの試合を事前にビデオで分析。ディフェンスを強化し、47-45で競り勝った。

 準決勝の相手は、関東大会2位の強豪・横浜山手中華学校ミニバスケットボールクラブ。平均身長も相手チームのほうが高く、苦戦を強いられるかと予想されたが、相手のオフェンス時にゴール下やその付近にボールを入れさせないようなディフェンスを徹底。33-25で退け決勝へ。

 決勝は東希望が丘ミニバスケットボール部。中島監督の「ゲームコントロールができなかった」という分析の通り、序盤から相手にリードを許し、39―47で惜敗。選手たちは涙を飲んだ。

 中島監督は「あと一歩だったが本当に頑張ってくれた。チーム一丸となって戦った大会だった」と大会を振り返り、「悔しい気持ちは確かにあるが、緊張しないで楽しめた。決勝まで進めたので達成感のほうが大きい」と話す亀山颯冴キャプテンの顔は笑顔だった。大会の最優秀選手に仲本明翔選手、優秀選手に亀山キャプテンが選ばれた。

緑区版のトップニュース最新6

バリアフリー化進む

十日市場駅周辺地区

バリアフリー化進む 社会

ロータリー間もなく終了

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

記念誌「10年のあゆみ」完成

霧が丘Xジャイロの会

記念誌「10年のあゆみ」完成 社会

これまでの道のり一冊に

1月30日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常の不安を解消

講習会

日常の不安を解消

るるる*みどり館で20日

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク