緑区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

アイスホッケー 市内初、プロチーム誕生 港北拠点、横浜GRITS(グリッツ)

スポーツ

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
横浜GRITSのメンバー
横浜GRITSのメンバー

 横浜市をホームタウンとし、新横浜を拠点とするプロアイスホッケーチーム、横浜GRITSはこのほど、アジアリーグアイスホッケーへ正式加盟した。プロチームの誕生は市内初。臼井亮人代表取締役は「横浜を盛り上げていきたい」と意気込みを口にする。

やり抜く力を

 昨年5月に創設された横浜GRITS。中国や韓国がアイスホッケーの強化に本腰を入れるなか、国内では「競技だけでは生活が厳しく多くの才能が埋もれてしまう」状況にあったという。その危機感から臼井氏がプロチームの創設を決意。”やり抜く力”という意味の”GRIT”を名前にチームを発足した。監督は慶応大での指導経験のある浅沼芳征氏。また、世界最高峰のナショナルホッケーリーグでのプレー経験を持つマイク・ケネディ氏がヘッドコーチを務める。

 今回GRITSが加盟するのは、アジアリーグアイスホッケー。強豪の北米や欧州に肩を並べ五輪でのメダル獲得を目指し2003年に創設された。日本の5チーム(GRITSを含む)に加え、韓国とロシアからそれぞれ2チームと1チームが参加している。新型コロナの影響により、現時点では試合開催の予定などは未定。先行きが見えない状況だが、臼井氏は「リーグが始まったら一戦一戦がむしゃらにプレーし、戦い抜く姿勢を見せたい」と話す。

地域貢献、競技の普及も

 チームのビジョンとして「夢と生きる活力に満ちた社会を作る」を掲げる臼井氏。そのための柱として3つの活動方針を掲げている。

 一つ目は「デュアルキャリア」。これは安心して競技を続けられる選手の在り方を実現するというもの。選手は企業で働きながらプロとして活動していく。

 二つ目の「地域貢献」では、本拠地・KOSÈ新横浜スケートセンターのある港北区を中心に、横浜市と連携し地域貢献活動を実施する。

 最後に掲げるのは「アイスホッケーの普及・育成」。ジュニア世代の育成などを通し、認知度や競技人口増加を狙う。

 また、プロチーム誕生に伴い、公式チアリーディング「GRITSTOPAZ(トパーズ)」も結成。バスケットボール日本代表オフィシャルチアリーダーズの大嶋夏実さんを統括ディレクターに迎え、本格的なチアチームを目指す(現在初代メンバーを募集中)。

「熱く盛り上げたい」

 「マイナースポーツで新規参入だからこそ、新しいスポーツ文化を生み出すチャンスだと思う」と臼井氏。「(コロナの影響で)先は見えていないが、やっぱり生で観戦してほしい。競技の一番の魅力は、”激しい競り合いの音”。氷上の熱気で、横浜を熱く盛り上げていきたい」と期待に胸を膨らませる。
 

緑区版のローカルニュース最新6

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

空家活用でマッチング

空家活用でマッチング 社会

市、促進へ新制度

5月7日号

約1割メタボ改善

ウォーキングポイント

約1割メタボ改善 社会

市が利用状況発表

5月7日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月7日号

財政広報をウェブ化

財政広報をウェブ化 経済

市、ペーパーレスの一環で

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter