緑区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

【連載【1】】Withコロナ時代の先駆者たち  「ありがとう」の声が原動力 Webディレクター 荒井一樹さん 36歳

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 渋谷にあるWeb制作の会社で働く荒井一樹さん(36)=写真=は実家でもある中山の有限会社荒井電気商会の経営も手伝っている。同社は地域密着の企業。本業と並行して家業を手伝うなかで出会った緑区の魅力ある場所や人を紹介したいと、昨年10月、地域密着メディア「ぐりすま(GREEN SMILE)」を立ち上げた。イベント情報などを掲載して閲覧数も徐々に増加。サイトに載せる情報を集めるうちに飲食店の関係者などとも親交を深めていた。

 そんな矢先、日本でも新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた。飲食店関係者から聞こえてきたのは、「売上が激減した」という切実な声。そんななかでテイクアウトに活路を見出す飲食店が多かったという。「発信方法が分からない」。そんな声を聞き、「何かできないか」と動いた。4月上旬には同メディア内にテイクアウト情報をまとめたページを作成。自転車で区内を駆け回りながら「テイクアウトやってます」の張り紙を見つけると、飛び込み趣旨を説明した。また、SNSも活用しながら掲載する情報を集めた。今では、60件以上の飲食店のテイクアウト情報が見られるページへと成長していった。

すべてがボランティア

 また、「どのような人が、どのような思いで料理を作っているのか」を掲載するテイクアウトレポートも発信。掲載した飲食店からは「今までに来なかった客層も来るようになった。ピンチがチャンスに変わった」という感謝の声も届いた。

 その後も「#緑区エール飯」など、次々に飲食店に寄り添う先駆的な仕掛けを作り上げてきた。

 驚くのは、本業も家業もあるなかで、すべて”完全なボランティア”であるということだ。

 情報集め、Webページ制作など、かなりの労力をかけている。そんななかでも荒井さんは屈託のない笑顔を見せた。「正直、大変なことも多い。でも、生まれも育ちも緑区。そんな自分が緑区のために貢献できることはうれしいこと。飲食店やぐりすまを見たという人から感謝されると、疲れも吹き飛びますよ」

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

田んぼが緑のじゅうたんに

田んぼが緑のじゅうたんに 社会

新治町、小山町

7月9日号

3年間の軌跡

中学・高校部活動紹介

3年間の軌跡 スポーツ

神奈川大学附属中・高等学校 サッカー部

7月9日号

災害時のペット対策

動物支援ナースに学ぶ

災害時のペット対策 社会

安全に同行避難するには

7月9日号

「いつだって挑戦してきた」

【連載【4】】Withコロナ時代の先駆者たち

「いつだって挑戦してきた」 経済

横浜大文字有限会社

7月9日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月9日号

緑図書館員を体験

【Web限定記事】中高生向けボランティア

緑図書館員を体験 文化

8月5日に

7月9日号

サービス付き高齢者住宅

優良施設「和楽久シニアレジデンス長津田」で見学随時受付中

http://mattou.jp/

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク