緑区版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

「国のために死んでやろう」 緑区在住 岩澤純造さん(91)

社会

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
特攻で命を落とした仲間を思い声を詰まらせる岩澤さん
特攻で命を落とした仲間を思い声を詰まらせる岩澤さん

 緑区三保町の農家に生まれた岩澤純造さん(91)。大空へ憧れ、海軍航空隊に入隊したのは14歳の時だ。「国家と家族を護る」が合言葉。「国のために死ぬことは栄誉なことだと、誰もが本気で信じていた」と当時を振り返った。航空機に乗るための教育を受ける日々。だが、戦況は次第に悪化し、練習機が飛ぶ燃料すら枯渇していく。さらに航空隊も大規模な空襲を受けるようになっていった。「心の底では、負けることは分かっていた」。本土決戦も間近に迫っていると心の中では悟っていた。

 そんななかで、上層部から次の言葉を投げかけられる。「難局を勝ち抜くためには、君ら、若者たちの力が必要だ。おまえらの命を俺に預けてくれ」。その言葉が”特攻で死んでくれ”と同義であることはすぐに理解できた。「怖さは当然あった。だけど、それを打ち消す信念があった。そう言われるのならば、国のために死んでやろう」

 共に学んだ仲間たちは特攻で次々と命を落としていった。そして、岩澤さんに、新たな任務が与えられる。「伏龍特攻隊」への入隊。潜水服で海へと潜り、竹竿の先に機雷を付け、敵の船底を突き上げて自爆する。それが、敵の上陸を水際で食い止めるため、最後の切り札として考え出された隊の使命だった。

 練習中に死亡する事故も多発していた。「練習で死ぬ覚悟もしていた。海の中は、暗く、とてつもない孤独感に襲われた」と顔をしかめた。

 「命の使い捨ては嫌だ」と泣き叫び、海へ潜ることを拒否する下級生もいた。特攻の直前に終戦を迎えた岩澤さん。「戦争は勝っても、負けても平和は訪れない。戦争だけは、絶対にしてはいけない」。今、それが一番後世へと伝えたいメッセージだという。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

ちゃちゃちゃ広場開催中

ちゃちゃちゃ広場開催中 教育

中山ケアプラで

9月24日号

パトロール隊に感謝状

みどり台

パトロール隊に感謝状 文化

長年の防犯活動を評価

9月24日号

父親育児支援講座を開催

父親育児支援講座を開催 文化

10月24日と11月8日

9月24日号

菅内閣がスタート

菅内閣がスタート 政治

県内選出3氏も入閣

9月24日号

横浜のシウマイ、世界へ

崎陽軒

横浜のシウマイ、世界へ 経済

 海外1号店オープン

9月24日号

戦後75年企画で開催

サロンふらっと

戦後75年企画で開催 社会

10月11日

9月24日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク