緑区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

いぶき野農家 オリーブで農地活用 育てやすさが魅力

経済

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
いぶき野に植樹されているオリーブの木
いぶき野に植樹されているオリーブの木

 余っている農地を有効活用しようと、いぶき野でオリーブの栽培が昨年から始まった。「野菜などに比べ、手間がかからない上、収益も見込める。可能性を秘めている」と農家の小林正己さん(71)は目を輝かせる。

 オリーブを横浜市内で育てようと、立ち上がったのは、一般社団法人横浜資産研究開発機構の伊藤幸男代表理事だ。

 伊藤さんは「農業従事者の高齢化、後継者問題などによる農林業の担い手不足は深刻。休耕地や耕作放棄地はどんどん増えている」と危機感をあらわにする。

 そのような現状を打開しようと、目をつけたのがオリーブだった。「手間がかからず、育てやすい。オリーブを横浜ブランド化すれば、農家の未来も明るいのではないか」と思いを語った。

 2015年から横浜の気候などに合うオリーブの品種を探した伊藤さん。18年4月には旭区の休耕農地に植樹。同年11月には、無事にオリーブを収穫することに成功した。伊藤さんは「『横浜ではオリーブは育たない』と、周りから言われたこともあった。だが、オリーブ栽培が可能なことを実証できた」と胸を張った。

 その後、19年3月に伊藤さんとつながりがあり、いぶき野で野菜などを育てている小林さんの農地でオリーブ栽培を開始。約30本を植樹し、同年の10月末に約30kgの収穫に成功した。小林さんは「順調に育っている。今年は追加で200本を植え、約100kgの収穫を見込んでいる」と笑顔を見せた。今年の収穫分は、サンプル品に使用されるが、来年以降分は実際に販売していくことを計画しているという。

「若い世代にこそ」

 保土ケ谷区でイチゴ農家を営む三村周平さん(34)は、小林さんと一緒にオリーブの育て方を学んでいる。

 三村さんは「イチゴだけだと、今後、専業農家としてやっていくのは難しい。オリーブ栽培で未来を切り開きたい」と意気込みを見せる。伊藤さんも「若い世代にオリーブに挑戦してほしい」と期待している様子だ。

 今後、伊藤さんらは、区内でオリーブ栽培に興味を持つ農家に対して、育て方を伝えていく予定だ。「一緒に横浜オリーブを広めていきましょう。専業農家はもちろん、手間がかからないので兼業農家も仲間に加わってもらえれば」と呼び掛けた。

 問い合わせは、同機構【電話】045・548・4500へ。

緑区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

丸産技研が命名権取得

長津田北口歩道橋

丸産技研が命名権取得 社会

1日から愛称を標示

4月8日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter