緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

市営地下鉄グリーンライン コロナ対策で常時換気へ 来年度までに全車両改修

経済

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
グリーンライン車両(市交通局提供)
グリーンライン車両(市交通局提供)

 横浜市交通局は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために市営地下鉄グリーンライン(中山-日吉間)の換気装置の改修工事着手へ準備を進めている。

 先月、横浜市会で1億9800万円の補正予算が可決。来年度の全車両改修に向けて順次工事が進められる。

 通勤や通学など横浜市民、緑区民らの足となる市営地下鉄グリーンラインの乗車人数は、同局によると一日当たり約15万人が利用している(令和1元年度)。中山駅の乗車人数は、一日当たり約1万5000人となっている(令和元年度)。

 近年では混雑率も上昇しており令和元年度は163%と今後も多くの利用が見込まれる。区内には、中山駅がある。

より安全な車内へ

 コロナ禍で、グリーンライン車両では常時換気が難しいことが問題視されている。グリーンラインの窓は固定されており開閉することができないため、利用者から「常時換気を行ってほしい」「換気は十分にできているのか」などの声が一因となり、市はコロナ対策の一環として改修工事を行うこととした。

 現在グリーンラインでは、各駅停車時や両端駅での折り返し時のドアの開閉、車両上部の換気装置を運転することで車内換気を実施している。

 しかし、車両に搭載される換気装置は、停電などの非常時に備えた蓄電池を使用しているため一時的な稼働しかできず、上りは高田-日吉間、下りは東山田-センター北間のみでの換気となっている。同局車両課長の山畑勝さんは「通常ならば、車両乗降時の窓の開閉で換気は足りるが、新型コロナの情勢を鑑みて変更していくことになった」と話した。

 今後は、常時換気ができるよう、換気装置のバッテリーが長く持つような改修を行っていく。17編成68両の車両のうち、今年度3月までに4両車両分を1〜2本、来年度までに全ての改修を目指し、感染拡大の防止を図っていく。

 また、ブルーラインでは窓を開けての換気を実施。どちらも車両内の消毒や職員のうがい手洗いの徹底など新型コロナウイルス対策を行っている。

緑区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 社会

30日から応募開始

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

助け合える街作り促進

霧が丘の団体「まちプラ」

助け合える街作り促進 文化

「気軽に参加してほしい」

4月22日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter