緑区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

横浜市内自殺者 夏以降、増加傾向に 市、目立つ若年層にネット活用

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に夏以降の自殺者増が報じられているが、横浜市でも8、9月は対前年同月比でプラス計17人で増加傾向にあることがわかった(警察統計暫定値)。中でも若年層の割合増が目立つ。市は国の状況を踏まえつつ、引き続き留意が必要としている。

 市内自殺者は5、6月は前年と比較して少ない状況にあったが、7月から増加傾向に。8月は45人(前年同月比10人)、9月は38人(同7人)となった。国の分析でも同傾向がみられる。

 年代別にみると、今年9月までの20代の自殺者は44人で、昨年1年間の42人をすでに超えた。また、40代は56人で前年比で増えている状況がある。市担当者は「全体数が少ない市の数字だけでは一概に言えないが、国の状況を見つつ対応する」と話す。

検索ワードで相談誘導

 人口動態統計で近年の自殺者数は減少傾向にある中、20歳未満、20代の自殺死亡率は下がっていない。市は若年層対策の推進を重点施策の一つに掲げ、相談体制の充実や学校、家庭、地域でSOSを受けとめる取り組みを推進してきた。

 また、昨年12月からインターネットなどを活用した相談支援を開始。検索連動広告を活用した自殺予防の相談活動を行うNPO法人OVA(東京都)に委託し、検索エンジンで自殺要因に関わるキーワードを検索すると、相談窓口を表示し支援につなげる事業を実施している。同法人が受ける相談は10代〜30代の若年層が約8割で、20代が最も多いという。市内相談件数も開始から9月までで、20代が約4割(119件)と最多だった。

 相談内容は、家や学校、職場での人間関係や労働問題、夫婦関係、生活困窮など多岐にわたる。伊藤次郎代表理事は「多くの方が様々な問題を複合的に抱えている中で、共通するのは”孤独感”を感じている人が大半ということ」と指摘する。市担当者は「多様な悩みがある中で、様々な相談の入り口があることが大切だと認識している。ネットはいままでアプローチしにくかった人や年代に届く手段のひとつ」としている。

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter