緑区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

山下地域ケアプラザ 開所に向け整備進む 福祉保健活動の新拠点

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む同地域ケアプラザ(14日撮影)
工事が進む同地域ケアプラザ(14日撮影)

 横浜環状北西線のトンネル上部(北八朔町218番地13ほか)の土地を利用した「山下地域ケアプラザ」の整備が4月の開設に向け進んでいる。区の担当者は「新たな福祉保健活動の拠点として間もなく完成する。皆様に身近な施設として多くの方に利用して頂きたい」と話している。

 緑区内では、十日市場、長津田、中山、東本郷、鴨居、霧が丘に続く7館目の地域ケアプラザとなる。区の担当者によると、これまで同地区の住民を対象とした地域包括支援センターは特別養護老人ホームふじ寿か園が、また、地域活動交流は中山地域ケアプラザが担ってきたという。これまで区は新たな地域ケアプラザを整備する方針のもと、地域住民や各種団体の代表が参加した懇談会などを開催し、各方面から意見を聞きながら整備を行ってきた。区福祉保健課・米岡由美恵課長によると、これまで2つの施設で担っていた福祉・保健に関する身近な相談窓口、地域の福祉・保健活動の拠点という機能を新施設に集約することで、より地域住民らが生活・活動しやすくなることが期待されるという。

 建物は木造1階建てで敷地総面積は約1736平方メートル(建物延床総面積/約471平方メートル)。開所後の開館時間は月曜から土曜の午前9時から午後9時(日・祝午後5時まで)。指定管理者の社会福祉法人ふじ寿か会(前田順啓理事長)は「1991年に特別養護老人ホームを開設し、97年に在宅介護支援センターを併設して以来、地域の介護等の相談窓口や関係団体への後方支援に努めてきた。今後は、山下地域ケアプラザの指定管理者として、今までと変わらず地域の相談窓口、地域福祉の充実などに貢献していけるよう努めていく。また、地域の憩いの場として多くの方々が集まれる施設としていきたい」と述べた。

利用団体説明会

 また、3月14日・15日に利用団体向けの説明会が予定されている。申し込み期間は3月1日から10日。問い合わせは、ふじ寿か会(【電話】045・931・1187)へ。
 

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

福祉クラブ生協 ほっぺ保育室

横浜市乳幼児一時預かり、4月からスタートします

https://hoppehoikushitsu.jimdofree.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

安全対策工事進む

区内交差点

安全対策工事進む 社会

車止めなど設置

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

「花を摘み取らないで」

【Web限定記事】

「花を摘み取らないで」 社会

公園に中山小児童の看板

2月18日号

救急出場12年振り減少に

緑区

救急出場12年振り減少に 社会

火災10年平均下回る

2月11日号

初級日本語教室を開催

外国人向け

初級日本語教室を開催 文化

地域の人と交流目指す

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク