緑区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 「花を摘み取らないで」 公園に中山小児童の看板

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
看板設置のために集まった児童たち
看板設置のために集まった児童たち

 花壇の花が摘み取られてしまう被害がでていた中山の落合公園で10日、近隣の中山小学校3年児童が描いた注意喚起ポスターで作成した看板が6枚設置された。同公園愛護会の斉藤利雄会長は「子どもたちの目線や発想で考えてくれたメッセージなので、効果に期待したい」と話した。

 昨年、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令されたのは4月7日。翌8日から市立小中学校などの臨時休業が始まった。同公園愛護会の斉藤会長によると、落合公園には大小6つの花壇がありマリーゴールドやパンジー、チューリップなどが植えれれているが、このころから花壇に植えられていた花が摘み取られたり傷つけられてしまう被害に遭い始めたという。そのほかにも火遊びや、たばこのポイ捨てなども確認している。

 斉藤会長は昨年末、中山小学校の教諭にそのことを打ち明け、注意喚起ポスターの作成につながった。作成を担当したのは同小3年生児童(102人)。同小教諭によると、クラスごとなどでデザインなどを話し合い、絵やメッセージのデザインは希望者が担当したという。ポスターは公園の花壇と同じ6枚を作成した。

 完成したポスターには「まちの人がこまっているので、花をちぎらないでください」「花をとったりふまれたりしてそだてている人がかなしんでいます。だからやめてください」「このはなをそだてたひとのきもちをかんがえて!!」などのメッセージが書かれた。完成したポスターは、緑土木事務所で看板にされ、当日用意された。

 設置当日の10日には、約30人の児童が集まった。集まった児童は同事務所の担当者と一緒に花壇脇に看板を設置していた。ポスター作製の実行委員として関わった高谷真帆さんは「短く分かりやすい文章になるようにみんなで考えた。花をとる人が減ったらいいな」と話した。また、同実行委員の金丸湊君は「花が傷つけられているデザインで描いた。今後花がいたずらされないようになればいいと思う」と話した。

 斉藤会長は児童に対して「素晴らしい絵を描いてくれてありがとう」と感謝の言葉を口にし、「子どもたちの言葉で書いてくれたのが嬉しい。今後は花を摘み取るなどの被害がなくなれば」と効果に期待した。

周辺の公園でも

 緑土木事務所によると、中山駅北第一公園や中山北緑道でもごみのポイ捨て問題があり、同小児童作成のポスターをベンチ付近に貼っているという。中山北緑道に貼られたポスターには「みんなごみは家にもってかえろう」などのメッセージが書かれていた。

看板設置を手伝う児童
看板設置を手伝う児童
設置後に児童にあいさつする斉藤会長
設置後に児童にあいさつする斉藤会長
中山北緑道のポスター
中山北緑道のポスター

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

福祉クラブ生協 ほっぺ保育室

横浜市乳幼児一時預かり、4月からスタートします

https://hoppehoikushitsu.jimdofree.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

安全対策工事進む

区内交差点

安全対策工事進む 社会

車止めなど設置

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

「花を摘み取らないで」

【Web限定記事】

「花を摘み取らないで」 社会

公園に中山小児童の看板

2月18日号

救急出場12年振り減少に

緑区

救急出場12年振り減少に 社会

火災10年平均下回る

2月11日号

初級日本語教室を開催

外国人向け

初級日本語教室を開催 文化

地域の人と交流目指す

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク