緑区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う 樋口 誠さん 寺山町在住 66歳

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

「まさか」を予測していく

 ○…家の中でつまずく、自転車で転倒するなど、日常生活の危険は様々な場所に--。プラント建設現場で監督を務めた30歳の頃、作業員の安全を守るために多岐にわたる取り組みを行ってきた。自身も高所から転落しそうになるなど、恐ろしい思いもした。そんな経験があるからこそ、「『まさか』ということで怪我をしてほしくない」という思いは人一倍強い。「講座に参加して危険予知活動、始めませんか」と呼びかけた。

 ○…家の近くを練り歩くチンドン屋に憧れた子ども時代。音楽好きで、「グループ・サウンズをよく聴いてたね」と懐かしむ。東京五輪に向け、建設ラッシュ真っ只中の東京で育った影響か、大学卒業後に歩んだのは、プラントの建設会社だった。「工場などを建てる。そんなスケールの大きさに魅せられたのだろうね」と振り返った。

 ○…フィリピンや中東などへの出張も多く、必死に学んだ英語。さらに、現地の言語も覚えることで、深く信頼を得てきた努力家だ。”人は必ず間違える。だからこそ、間違えない仕組みを整える”が信条で、安全な設計を心掛けてきた。時には、仕事で落ち込むことも。そんな時は、気持ちが明るくなる替え歌を口ずさむ。「意外と、リフレッシュできるんですよ」とにっこり笑う。

 ○…現在は介護施設で昔話や詩の朗読を行うボランティアも行うほか、歌のサークルにも参加しており「子どもの頃に憧れた、人を楽しませる”チンドン屋”になった気分」と定年後の生活を存分に楽しむ。意識していることを聞けば「発する言葉や振る舞いで人をハッピーにしたい」とのこと。講座では、身近な事例を交え、危険を伝える。もちろん、参加者に楽しんでもらえる工夫を随所に交えながら。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter