緑区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

市内スポーツチーム6団体 携帯電話回収箱を設置 障害者就労支援にも

文化

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena
使用しなくなった携帯電話を試合会場に設置された回収箱に入れるファン
使用しなくなった携帯電話を試合会場に設置された回収箱に入れるファン

 横浜市内に拠点を構えるスポーツチームが使用済みの携帯電話のリサイクル事業を始めた。

 プロジェクトは、社会課題解決へ向け官民が協働で取り組む横浜市の制度「共創フロント」を通じ、「リネットジャパンリサイクル(株)」(名古屋市)から提案を始動した。活動に参加する横浜FC、横浜F・マリノス、YSCC横浜、ニッパツ横浜FCシーガルズ、日体大FIELDS横浜、YSCC横浜フットサルの6チームは主催試合の会場に専用の回収箱を設置しサポーター・ファンの協力を呼びかける。各チームの限定ステッカーと引き換えにサポーター・ファンから寄せられた使用済み携帯電話は、市内の障害者就労支援施設に持ち込まれ分解などの処理を行う。

 障害者の就労支援にもつながり、事業で得た収益の一部は知的障害のある人のスポーツ活動を推進する「スペシャルオリンピックス日本」の活動費用の一部に充てられるという。

 携帯電話などの小型家電はレアメタル(希少金属)が含まれているが、分別されずに燃やすごみとして排出されることがある。

 ごみの収集・リサイクル過程でリチウムイオン電池を含む電子機器の発火トラブルが多発。日本容器包装リサイクル協会によると昨年度、285件の発煙・発火トラブルが発生している。

 市内の行政機関にも小型家電回収箱が設置されているが、今回のプロジェクトは資源循環と障害者就労支援という2つの社会課題を改善する新たな取り組みとなる。

緑区版のローカルニュース最新6

白バイ隊が安全運転指導

白バイ隊が安全運転指導 社会

鴨自で二輪車講習

7月22日号

本條秀慈郎氏が出演

区民音楽祭

本條秀慈郎氏が出演 文化

9月にふれあいコンサート

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

フェイスシールドを寄贈

国際ロータリー第2590地区

フェイスシールドを寄贈 社会

横浜・川崎の医師会に

7月22日号

走りながら音楽を補給

ミュージック エイド ラン

走りながら音楽を補給 スポーツ

横須賀でRUNイベント

7月22日号

50周年の記念CD

プレゼント

50周年の記念CD 社会

アグネス・チャンさん

7月22日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter