緑区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

下長津田自治会推薦 岩川堰(ぜき)が緑区遺産に 「歴史知るきっかけに」

社会

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
岩川堰について語る井上会長
岩川堰について語る井上会長

 いぶき野1の2付近に現存する岩川堰がこのほど、21カ所目となる緑区遺産に登録された。登録を推薦した下長津田自治会の井上敏正会長は「下長津田の歴史を知って頂くきっかけになれば嬉しい」と話した。

 緑区遺産は、区内に現存する有形の歴史的・自然的・文化的資源でその価値が地域に認められているものを区が登録する認定制度。これまでに20カ所が登録されてきた。

 岩川では、現在の東名高速横浜町田インターチェンジ付近から湧き出る水が、岡部、中村、御前田、下長津田を流れ、恩田川に注いでいる。かつての長津田では、岩川の両側に田んぼがあり、岩川の水は周辺農地の灌漑に使用され、精米時の重労働を担う水車にも使われた。

 1912年(明治45年)頃から台の水車、岡部の水車、下長津田の水車、御前田の水車が作られ、下長津田の水車はもっとも水量に恵まれていたという。

 下長津田の灌漑に欠かせない岩川堰は1923年(大正12年)の関東大震災で大破したが、国や県の助成金と地元の有志が出資した工事費により、1926年(大正15年)にコンクリート堰に改修され、改修工事について岩川堰改造記念碑に記されている。

手掘りの溜池もあった

 岩川堰の緑区遺産登録を推薦した下長津田自治会の井上敏正会長によると、かつて同地区では、養蚕業に並んで米の生産が主産業だった。昭和初期には、岩川からの灌漑用水の水量を安定させるために、地域住民らで溜池を手掘りで整備したという。跡地は現在いぶき野第四公園になっており、整備中の写真が今でも残っている。

 井上会長は「現在田んぼの灌漑用水は、井戸水をポンプでくみ上げており、堰としての役目は既に終えている。昭和40年代の区画整理前は周辺の住宅は100軒足らずだったが、今では2000軒を超えている。遺産登録により、地域の子どもたちや新しく住民になった方が、下長津田の歴史を知って頂くきっかけになれば嬉しい」と話した。

岩川堰(上)と改造記念碑(下)、区提供
岩川堰(上)と改造記念碑(下)、区提供
溜池整備中の様子(井上会長提供)
溜池整備中の様子(井上会長提供)

緑区版のトップニュース最新6

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り 社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

若手社員表彰制度を導入

建設業協会緑区会

若手社員表彰制度を導入 社会

「意識向上になれば」

9月2日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook