緑区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

子育て相談所が開設 ダ・ニーノみどり

社会

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena
ダ・ニーノみどりの相談員
ダ・ニーノみどりの相談員

 相談員や心理担当職員など専門の職員が子育てや家庭に関する様々な相談を受ける児童家庭支援センター「ダ・ニーノみどり」が5月23日、台村町に開設した。相談員の若松優里センター長は「子育てで孤立しがちな母親をサポートしていく」と話す。

 児童家庭支援センターは、横浜市が「1区に1施設」を目指して2001年から順次開設してきた。緑区での開設が市内で最後となった。

 児童福祉法に基づき0から18歳までの子どもに関する相談や支援業務を担う同センター。相談は無料で、対象者は市内在住者として、「理想の子育てができない」「親やパートナーの協力がない」「子どもに障がいがある」などの悩みに対して、社会福祉士や保育士、心理担当職員が電話・来所相談を受ける(来所は事前予約が必要)。また、必要に応じて区役所などの関連機関と協力して、相談内容を一緒に考え、解決に向けサポートしていく。

 ダ・ニーノみどりを運営するのは、市内で特別養護老人ホームや小規模保育所のほか、「ラ・コッコラ港北」も運営する社会福祉法人千里会(二宮浩理事長)。中山駅南口から徒歩約3分のマンションの一室にあり、家庭的な雰囲気で、ゆったりと相談を受けることができるのが特徴。

 若松センター長は「育児に悩む母親のほか、ヤングケアラーなど18歳未満の子どもからの相談も受け付けています。また、行政と相談して必要と判断した場合は、子どものショートステイなどにも対応します」と話す。

 相談は、ダ・ニーノみどり【電話】045・933・3700(月〜金/祝日・年末年始除く、午前9時〜午後5時)。

明るい室内
明るい室内

朝比奈緑化

横浜で活躍する植木屋さん(☎080-6895-5675)

https://www.asahina-ryokka.com/

青木ハウジング・青木博昭著

『賃貸オーナーのための空室対策の教科書』(あさ出版)7月19日発刊!

https://www.aokihousing.co.jp/

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

緑消防署が一斉点検提案

火災警報器

緑消防署が一斉点検提案 社会

自治会等訓練の一環に

8月11日号

「自主療養」を呼びかけ

神奈川県

「自主療養」を呼びかけ 社会

医療資源のひっ迫対策

8月11日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

中山小でボランティア

神大アイスホッケー部

中山小でボランティア 社会

活動通し「部員の成長を」

8月4日号

八十周年記念誌作成進む

長津田自治連合会

八十周年記念誌作成進む 社会

「愛着持ってもらいたい」

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

株式会社日動電設

トンネル、競技場などの照明設備工事・通信設備工事を最先端の技術で。

https://www.densetsu-ndd.co.jp/

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

四季の森・ズーラシアにつづく街

「横浜市内最大級の店舗数を誇る中山商店街でお買い物をお楽しみください」

http://www.hot-nakayama.info/

朝比奈緑化

横浜で活躍する植木屋さん(☎080-6895-5675)

https://www.asahina-ryokka.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook