神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

能登半島地震 女性消防職員が活動報告 横浜から河原さん派遣

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
河原結菜さん
河原結菜さん

 元日の能登半島地震の被災地活動のために派遣されていた県内の消防局に所属する女性職員6人らによる活動報告が1月31日、横浜市消防局の消防本部庁舎で行われた。

 河原結菜さん、石橋明奈さん、上田三輪さん、立野七津姫さん、柵木景子さん、尾崎有咲さんは、同震災で県内から初めて派遣された女性職員。第4次派遣(78隊274人)で、1月19日から22日まで石川県輪島市内で生活衛生管理や水利調査などを行った。当初はトイレの確保やプライバシーの保護などの懸念材料があったため、男性職員のみの派遣となったが、6人は活動報告の中で「いつでも行ける準備をしていた。被災地活動に性別は関係なく、早く現場に行きたかった」などと口をそろえた。

生々しい空気感

 横浜市消防局からは河原さんが派遣された。記録・広報担当として、被災地活動の様子を写真や動画で記録。今後の活動の参考になるデータを残した。河原さんは地震で倒壊した家屋などを見て、「生々しい空気感で心が痛かった」と振り返る。「一人ひとりが支援方法などを探すことが大切だと思う。震災を風化させないように呼び掛けていきたい」と話した。

 市消防局によると、3年前の熱海市伊豆山土石流災害でも県内から女性職員が被災地に派遣されており、「派遣する職員を性別で区別していない」としている。

被災地活動の様子(市消防局提供)
被災地活動の様子(市消防局提供)

緑区版のローカルニュース最新6

横浜市会・鈴木太郎議長が初の「定例会報告」

みんなで各種競技を体験

みんなで各種競技を体験

横浜市緑区中山で「みどりスポーツフェスティバル」

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月13日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況

緑警察署管内 5月30日〜6月5日

6月13日

傍聴の機会奪う愚行

市教委裁判動員

傍聴の機会奪う愚行

デスク・レポート

6月13日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook