神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年6月20日 エリアトップへ

ラグビー横浜キヤノン シーズン4位で報告会

スポーツ

公開:2024年6月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
ファンの前であいさつする梶村主将(中央)
ファンの前であいさつする梶村主将(中央)

 ジャパンラグビーリーグワンの2023-24シーズンを4位で終えた横浜キヤノンイーグルスの報告会が5月30日、横浜市役所で行われた。

 イーグルスは今季リーグ戦で10勝6敗となり、プレーオフトーナメントに進出。準決勝で埼玉ワイルドナイツに敗れ、東京サンゴリアスとの3位決定戦では終了間際にトライを奪われ敗戦。総合4位となった。

 約250人のファンが集まった会場には沢木敬介監督や梶村祐介主将をはじめ、地元横浜出身の武藤ゆらぎ選手、元日本代表の田村優選手、南アフリカ代表のジェシー・クリエル選手のほか、嶋田直人選手、オーストラリア代表のマシュー・フィリップ選手が登場。

 昨季に続きチームをプレーオフへ導いた沢木監督は「来年は皆さんに決勝の舞台で応援して頂くために、またレベルアップして強いイーグルスをお見せしたいと思います」と宣言。梶村主将は「振り返ってみてもハードなシーズン。チームの成長は感じられたので、来季こそはこの場で皆さんに必ず優勝トロフィーをお見せしたい」と話すと、会場からは大きな拍手が起きた。

 選手らを出迎えた山中竹春市長は「我々も精一杯応援を送って、来シーズンこそは悲願のリーグ優勝をイーグルスにつかみ取ってもらいましょう」と呼びかけた。

田村選手が熱い宣言

 後半は各選手が今季の振り返りなどを語った。横浜出身で東海大学を今春卒業した武藤選手は、ポジションが同じ田村選手から「これからのイーグルス、日本代表を背負っていく選手」と評されると「来シーズンは優さんが試合に出なくていいくらいにやっていければ」と話し、会場をどよめかせた。これを受けてファンから「まだ引退しませんよね?」と聞かれた田村選手は「キヤノンで優勝してから引退します」と熱い宣言。会場は安堵と期待の拍手に包まれた。

横浜出身の武藤選手
横浜出身の武藤選手

緑区版のローカルニュース最新6

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

オリジナルのカップ麺作ろう

オリジナルのカップ麺作ろう

「ラー博スゴメンラボ」

7月18日

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況

緑警察署管内 7月4日〜7月10日

7月18日

防犯情報追加しリリース

横浜市

防犯情報追加しリリース

こども・安全安心マップ

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook