港北区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

新横浜駅50周年事業 地域と行政 協働で推進 記念誌発行、写真展など

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
開業に向け、整備が進む新横浜駅。(写真提供=50周年記念事業)
開業に向け、整備が進む新横浜駅。(写真提供=50周年記念事業)

 東海道新幹線開業とともに誕生した新横浜駅はこの10月、開業50周年を迎える。新横浜町内会(金子清隆会長)は、50年の新横浜の軌跡をたどった記念誌を製作している。区でも9月から写真展などを企画するなど、地域と行政が協働となり推進している。

 新横浜町内会が製作を進めている記念誌「新横浜50年の軌跡(仮称)」は、3年前から準備を進めてきた。冊子はA4サイズ、フルカラー152ページ。まちの発展の歴史をいくつかの転換期ごとにまとめている。コラムや昔ばなしなどを交えながら、新横浜の50年の歴史を辿っていく内容だ。

写真で発展を追う

 現在、製作委員会は写真に説明文をつける作業に取り組んでいる。地元の古老に話を聞くなどして集めた写真は500枚以上。この中から約250枚を厳選した。開業当時畑が広がる新横浜が、駅を中心に発展していく様子が見てとれる。記念誌製作を進める50周年記念事業の臼井義幸委員長は「先人たちのまちをよくしたいとの思いが伝わる写真が集まった」と語る。記念誌は10月18日(土)、19日(日)に開催する新横浜パフォーマンス内で販売予定(税別3千円)。

区全体で盛り上げ

 現在、区では写真展とシンポジウムも企画している。写真展では、「新横浜と港北区の50年の軌跡」と題し、新横浜周辺の歴史を語る貴重な写真を展示。9月9日(火)〜18日(木)には、港北公会堂で、20日(土)〜10月13日(月・祝)に港北図書館で開かれる。記念誌に載っている資料も多数出展する。

 シンポジウム「港北区のまちと新横浜駅開業50周年」は9月27日(土)に開催。臼井委員長も壇上にあがる。参加申込みは9月16日(火)から電話かFAXで(先着50人)。区政推進課企画調整係【電話】540・2229。

製作を進める臼井委員長
製作を進める臼井委員長

港北区版のトップニュース最新6

スポーツで地域貢献

横浜F・マリノス

スポーツで地域貢献 スポーツ

一般社団法人を設立

12月3日号

保育士確保に紹介冊子

港北・神奈川の14園

保育士確保に紹介冊子 社会

学生向けに1千部発行

12月3日号

コロナ禍でも「つながり」を

新横浜民児協

コロナ禍でも「つながり」を 社会

大きな輪求めラジオ体操

11月26日号

県大会2連覇、関東へ

県大会2連覇、関東へ スポーツ

大綱中女子陸上部

11月26日号

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク