港北区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

(PR)

樹状細胞がんワクチン療法とは 取材協力 新横浜かとうクリニック

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
加藤洋一院長
加藤洋一院長

 手術や放射線治療に次ぐ、がん治療の新たな選択肢として「樹状細胞がんワクチン療法」が注目されている。

 「簡単に言えばヒトの免疫をコントロールしているのが樹状細胞です」。そう話すのは、国立がんセンター研究所で「がん免疫細胞療法」を研究し、聖マリアンナ医科大学放射線科の講師も務める同クリニックの加藤洋一院長。加藤院長によると、樹状細胞はがん細胞を発見・分析し、免疫の攻撃部隊であるリンパ球にその情報を伝え、がん攻撃の指令を発する働きをしているという。

 同細胞は50歳頃から大幅に減少。若い人でもがんになる人は「もともとこれが少ない可能性がある」と指摘する。また、樹状細胞が白血球の中の単球細胞からつくりだせるようになったことで、がんの免疫療法は飛躍的に進化している。さらに、樹状細胞が、がん細胞攻撃の指令を出すときの伝達物質も明らかになっており、人工的にワクチンをつくり出すことが可能になっている。

 同院で同療法を行う患者は末期がん、もしくは肝臓や肺に転移している場合が多く、ほとんどが余命半年から1年を宣告されている。これまで加藤院長が手掛けた約600件の同療法臨床例(2013年8月〜13年9月まで)では、4割の患者が、5年以上生存している。

新横浜かとうクリニック

港北区新横浜2-6-13新横浜ステーションビル8F

TEL:045-478-6180

http://katoclinic.info/

港北区版のピックアップ(PR)最新6

在宅需要に対応

YOUテレビ

在宅需要に対応

ネットサービスが好評

3月26日号

「つらい痛みを笑顔に」

綱島駅東口0分

「つらい痛みを笑顔に」

つなしま駅前整骨院

3月26日号

終活・返済不安はお任せ

弁護士らとタッグ 不動産全般の悩み解決

終活・返済不安はお任せ

3月26日号

老後の不安を解消へ

弁護士・税理士・司法書士・FPがワンストップで

老後の不安を解消へ

4月12日(日)、無料相談会

3月26日号

「難しいインプラントもご相談を」

インプラント

「難しいインプラントもご相談を」

かず歯科医院、鈴木院長

3月26日号

『漢方相談』

松山漢方相談薬局で漢方始めよう

『漢方相談』

健康である大切さ、想いや願いを繋いでいこう。

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク