港北区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

清心女子高バスケ部 17年ぶり 2度目の全国へ 「悔いのない試合したい」

スポーツ

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
3ポイントシュートを放つ清心選手
3ポイントシュートを放つ清心選手

 篠原台町にある(学)大谷学園清心女子高等学校(永野多嘉子校長・全校生徒260人)のバスケットボール部が、14日に戸塚高校で行われた県の予選会で優勝。全部員が通信コースに通うため練習時間が取りにくい状況のなか、17年ぶり2度目の全国大会出場を決めた。

 同部が出場した「全国高等学校定時制通信制バスケットボール大会神奈川県予選会」には県内から12チームのエントリーがあった。

 初戦の希望ヶ丘高校には81―19で快勝。続く相模向陽館戦では全ピリオドでリードを許さなかったが49―38の僅差で逃げ切った。準決勝の県立川崎高校は、強豪校の戸塚高校を2回戦で破っていたこともあり苦戦が予想された。序盤から両校ともディフェンスが固く、第1ピリオドを終わった時点で4―4と互角の展開となったが、その後は徐々に点差を付け最終的には46―39で勝利。

 決勝はクラーク記念国際高校との一戦に。緊張からかノーマークのドリブルシュートを外すなど硬さが見られ、第2ピリオド終了時で22―24と相手にリードを許す展開となった。後半は気持ちを切り替え、キャプテンの依田瑞穂さん(3年)が良いムードを作り逆転。そのままリードを守り54―43と競り勝ち、8月3日から東京体育館で行われる全国大会の切符をつかんだ。

逆境を力に

 同部のプレーヤー7人は通信コース所属で、アルバイトをしている生徒もいるために週2回の練習に全部員が揃わない日もある。また、校内の体育館ではバスケットコートが1面取れず、他の部活と共有しているためコンクリートの中庭を使用するなど、厳しい練習環境だ。こうした現状を顧問の大津直樹教諭は「自然と足腰が鍛えられているのではないか」と逆境を力にかえる。同部は、持ち味の堅い守りでボールを奪い速攻で点を重ねていくのがカラー。大会までに1対1の練習や走り込みに注力する考えだ。

 依田さんは「キャプテンとして、皆を引っ張っていくために、最後まで全力で、悔いの残らないプレーをしたい」と意気込みを語った。

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook