港北区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

横浜市内を中心に活動をしている盲目のシンガーソングライター 亀井 康生さん 下田町在住 中学2年生

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

自らの思い音楽で伝える

 ○…市内の盲学校に通いながら「Ko─sei」として月に2、3回ライブ活動を行う。区内や市内を中心に、東京、遠方は大阪まで忙しく飛び回っている。単独のみならず様々なバンドのコーラスやキーボードとしてセッションすることもあり、歌を通して「自分が感じていることや自分自身のことを伝えたい」と力強い。7月3日には「つなしまサマーフェスティバル」への出演も決まっている。

 ○…未熟児として誕生し、生まれて3カ月で視力を失った。体力も弱く、唯一遊ぶことができたのがおもちゃのピアノ。その楽しさに気付くのに時間はかからなかった。「CM曲や電車の発車メロディ、J─POPを耳で聞いて弾いていた。今では絶対音感を身に付けた」と笑顔を見せる。小学生からクラシックを習い始め、盲学校などに通う児童・生徒を対象とする「ヘレン・ケラー記念音楽コンクール」では2部門で入賞した実績も持つ。

 ○…歌うことも好きで、小4から弾き語りライブを始め、オリジナル曲を発表するように。現在10曲の持ち歌がある。曲を作る時は友人や学校の先生のこと、授業で習い、インスピレーションを受けた詩など、日常生活から感じ取った物事を歌にする。明るく陽気な性格で、取材中も学校の先生に影響を受けたという関西弁で、パワフルに”マシンガントーク”を繰り広げた。こうしたエネルギーはやはり音楽から来ているようだ。「音楽で自分を表現し、人と繋がっていくことで前向きな性格になっていった」と振り返る。

 ○…あらゆる音に興味を持ち、スポーツ観戦も音を通して楽しむほど。演奏ジャンルが幅広いため、方向性はまだ模索中だ。「憧れのアーティストがライブをする日産スタジアムに、シンガーソングライターとしていつか自分も立ちたい」と声を一段と大きくして目標を指し示す。これからもその歌声で人々を魅了して行くだろう。

港北区版の人物風土記最新6

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

飯山 精三さん

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める

飯山 精三さん

大倉山在住 83歳

6月27日号

加藤 光さん

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする

加藤 光さん

大倉山在住 22歳

6月13日号

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月6日号

砂川 由利子さん

港北合唱の会の委員長を務める

砂川 由利子さん

小机町在住 69歳

5月30日号

金子清隆さん

新横浜町内会 会長

金子清隆さん

篠原町在住 67歳

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

21日、芸能発表会

21日、芸能発表会

第19回チャリティ公演

7月21日~7月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク