港北区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

(PR)

インプラント 耐久年数どれくらい? かず歯科医院長が解説

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena

 インプラントの耐久年数はどれくらい――?

 歯の欠損部分を補う治療法の1つに「インプラント」がある。興味はあるが、費用などを考慮し踏み切れない人もいるだろう。

 大倉山駅徒歩0分の『かず歯科医院』の鈴木和夫院長は、「自由診療、オペを伴うなどの側面がインプラントにはありますが、それを補って余りあるプラス面も数多いですね」と話す。

 別の欠損部分の治療法である「入れ歯」は、歯ぐきが加齢とともに痩せていくと、作りかえの必要性が発生する。「ブリッジ」は自歯で支える手法のため、負担がかかりやすい。

 インプラントは、あごの骨に直接埋め込み、上歯を被せて固定させるため、そうしたリスクを回避できる。結果「第二の永久歯」といわれるほどの耐久性を持っている。       

5700本埋入

 鈴木院長は、神奈川歯科大学卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後都内インプラントセンターで10年以上治療にあたり、これまでに5700本を超えるインプラント埋入実績(1997年4月〜2015年1月末日)がある。

 「私の母親に20年前に入れたインプラントは今も問題なく機能しています。また、先進国のスウェーデンでは40年以上の耐久性が確認されています。迷われている方、相談を」と語りかける。

オペ室も設置
オペ室も設置

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

「生前整理のいろは」学んで健康生活を

12月13日 ラステル新横浜でセミナー

「生前整理のいろは」学んで健康生活を

専門家と一緒に学ぶ実践型講座

12月5日号

腰痛、顎関節痛でお悩みの方

腰痛、顎関節痛でお悩みの方

院長自身も『仙骨』で効果実感

12月5日号

地域の「困った」を支えて

シニアも活躍

地域の「困った」を支えて

働く仲間を募集 福祉クラブ生協

12月5日号

老後の不安を解消へ

弁護士・税理士・司法書士が無料相談会

老後の不安を解消へ

12月14日(土)港北公会堂で

12月5日号

個性光る、自慢のおうちを建てよう

かしわくらの「家づくりのおはなし」北欧デザインのおうち

個性光る、自慢のおうちを建てよう

12月15日10時〜 参加無料

12月5日号

「悩みや疑問、お聞かせください」

「悩みや疑問、お聞かせください」

インプラント相談会開催

12月5日号

プロが不動産の悩み解決

プロが不動産の悩み解決

12月17日 無料相談会

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク