港北区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

守る会 日限(ひぎり)地蔵の歴史伝える 地元の園児や児童に

文化

日限地蔵の前で説明に耳を傾ける尚花愛児園園児や綱島小児童(写真上)。9月には長福寺幼稚園園児を対象にした講話が行われた(写真下)
日限地蔵の前で説明に耳を傾ける尚花愛児園園児や綱島小児童(写真上)。9月には長福寺幼稚園園児を対象にした講話が行われた(写真下)
 綱島西口商店会に祀られている「日限地蔵」のいわれや歴史を地域の子どもたちに伝えようと、「お地蔵さまを守る会」は、地蔵の前に地元の園児や児童を招き、講話を行った。

 日限地蔵の祠は今年7月、地域住民が発起人となって新調された。近くに住む上島睦子さんが工事費を寄付したことで実現。その後は綱島西口商店会(笈川宜久会長)と綱島西口商栄会(猿渡功会長)が管理している。

 10月24日の講話は、横浜市立綱島小学校の3年生児童102人と尚花愛児園の年長34人が対象。綱島商店街連合会の中森伸明会長や猿渡会長は、日限地蔵が今の場所に移設された経緯や周辺エリアの変遷などに触れながら、「日を限って願いごとをすると叶う」といういわれ等ついて、ユーモアを交えて説明した。

 真剣な表情で説明に聞き入っていた子どもたちは、最後に「ありがとうございました」と元気にあいさつし、この場を後にした。

 「自身が住む街を知って、大好きになってもらえたら」と同小学校の能城順一校長。中森会長は「子どもたちが地域の歴史について聞いてくれて嬉しい」、猿渡会長は「鶴を折ってくれたり、花を供えてくれたりした子どもたちの姿勢に感動する」と話していた。

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

ヤマハ大人の音楽レッスン

無料体験受付中!トレッサ横浜の教室で音楽生活始めませんか

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/tressa/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

新監督迎え新たな船出

横浜F・マリノス

新監督迎え新たな船出

1月18日号

人生に光射す言葉を

夢工房だいあん

人生に光射す言葉を

1月18日号

「ものづくり」の魅力再発見

五輪までに100台設置へ

公会堂でスポーツシンポ

立憲民主 県連が発足

新築一戸建 ウィザースガーデン

1月28日までのご成約で家具・家電111万ポイントプレゼント

http://www.withearth.jp/bunjyo/2018kanagawa01/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク