港北区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

30日に開設する「港北区生きがい就労支援スポット」の統括責任者 石田 仁(ひとし)さん 鎌倉市在住 66歳

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena

寄り添ったサポートを

 ○…「人に寄り添っていきたい」。就労のほか、地域貢献や社会参加を考えるシニア世代への専門相談窓口の統括責任者としての思いだ。これまでの経験から相談者は十人十色。だからこそ、よく話を聞き、理解を深め、同じ方向を向いて一緒に歩いていく考え。「そのためには私のことも知ってもらわないといけない」と笑顔を見せた。

 ○…生まれは名古屋。「鉄砲玉みたいな子どもだった」と話すように、学校から帰るとランドセルを放り投げ日が暮れるまで遊んでいるような少年だったという。父の仕事の関係で中学と高校時代は静岡や愛知、三重などを転々とした。転校が多かったが「コミュニケーション能力が身に付いたと思う」と前向きな性格に。30歳を前に転職を機に上京。60歳で定年を迎え、翌年にこれまで在職中はできなかった”学生時代の仲間を訪ねる旅行”を敢行。しかし、半年で目標を達成。体をもてあましていたところに「働いたら?」という妻の一声で背中を押され、(株)パソナに再就職した。

 ○…入社後は生活保護受給者への自立支援事業に携わった。そこでは慣れない仕事のせいか、思うようにいかないことも多かったという。しかし、一年ほど経過したある日、「相手の気持ちに寄り添っていなかったからだったのではないか」と気づき、そこからはスムーズな業務に。趣味は、14歳で北アルプスを登頂してから虜になった登山。現在でも年に数回は山仲間との登山を楽しんでいる。日々のストレスは山でリセットされているようだ。

 ○…支援スポットは横浜市民であれば利用が可能で、金沢区に次いで2番目の開設。「困っている人は近隣区にもいるはず」。港北区での運営を成功させることで、市内全体へ波及となることを願う。約3年間、直近の事業所で培ったシニア世代への就労支援の経験を生かし、地域の”頑張るシニア”をサポートしていく日々がスタートする。

港北区版の人物風土記最新6

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月26日号

山名 阿代(あつよ)さん

イラストレーターで新吉田小のキャラクター「しんよしだくん」を考案した

山名 阿代(あつよ)さん

日吉在住 56歳

8月19日号

斎藤 孝子さん

8月17日まで伝統工芸・神奈川会展を開催中の日本工芸会 神奈川研究会会長

斎藤 孝子さん

富士塚在住 79歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook