港北区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

港北区災害ボランティア連絡会会長に就任した 宇田川 規夫さん 菊名在住 71歳

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena

地域の防災力、どう上げる

 ○…16日、港北区災害ボランティア連絡会の会長に就任した。同会は、阪神淡路大震災後に組織された横浜市内にある同様の団体のうち、最初に発足したボランティア団体だ。個人・団体含め約40人が所属。港北区と区社協との3者協定を締結し、災害時には区のボランティアセンターの運営責任を担う。「防災の市民への浸透はまだまだ足りない。防災の具体的な細かいところに手を伸ばすのが我々の役割」と抱負を述べる。

 〇…「実は以前は名ばかり会員」だった。会とは別に、東日本大震災後、現地へボランティアバスを運行した時の体験から、自らの地域の防災力を上げなければダメだと強く実感。会に積極的に携わるように。月1回のニュース発行を提案、紙面で連載中の「我が家の防災」は、会員らの実際の防災への取組みを取り上げる。昨年は2015年に水害に見舞われた常総市への防災研修ツアーも行い、区内の4地区社協が参加。研修の評判は非常によく「実際に被災地で当事者の話を聞くことで防災意識が高まると改めて感じた」と力を込める。

 〇…普段は日本の救急法の祖である義父から引き継いだ「国際救急法研究所」理事長として、大学、看護学校、教育委員会、国際協力機構などで講演。事故防止思想の普及と救急法講習を行う。「救急法も防災も、根っこは『備えが大事』ということ」。ただ命の大事さを本当に実感しないと、備えも自己満足なもので終わり、次のステップに進めない、とも。

 〇…「大倉山みんなの食堂」など地域食堂の立ち上げ、障がい者のたまりば運営など、携わる地域活動は多岐にわたるが「遊びの延長のようなもの」とにっこり。地域の人たちとのつながりの強さが、そのエネルギーの源となっている気がした。

港北区版の人物風土記最新6

長西 宣英さん

開業55周年を迎えたJR東海・新横浜駅の駅長を務める

長西 宣英さん

東京都在住 52歳

10月17日号

折原 亮さん

Yahoo!「第11回最強の次世代ラーメン決定戦」で史上初の2部門制覇を達成したハイパーファットン店主

折原 亮さん

新横浜在住 35歳

10月10日号

松本 勝彦さん

最盛期を迎えているドラゴンフルーツなど、多彩な野菜の栽培に挑戦する

松本 勝彦さん

小机町在住 72歳

9月26日号

中島 正守さん

2019こうほく梅の写真コンテストで最優秀賞に選出された

中島 正守さん

大豆戸町在住 83歳

9月19日号

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境内でジャズコンサート

境内でジャズコンサート

10月21日、妙蓮寺

10月21日~10月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク