港北区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

トレッサ臨港バス 子ども乗務員が登場? バスの運転を疑似体験

文化

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
ハンドルを握って笑顔の幹太くん
ハンドルを握って笑顔の幹太くん

 トレッサ横浜(株式会社トヨタオートモールクリエイト)は、一般公募した「夢」を叶えるという10周年企画「夢応援キャンペーン」の一環で、バスの一日運転士体験を8月21日に行った。

 今年3月に募集をかけた同キャンペーンでは、300件超の応募があり、その中から10組が選出された。今回実現したのは「りんこうバスのうんてんがしたい」という杉山幹太くん(6歳・鶴見区在住)の夢。川崎鶴見臨港バス株式会社とタッグを組んで企画した。

 当日は同社の鶴見営業所で実施。特製の乗務員証と一日運転士辞令を受け取った幹太くんは、制服に着替え、実際に乗務員が行っている業務を体験した。

 普段は新入運転士が教習する「安全運転訓練車」を使用。同社社員以外で乗車した人は初めてだという。まずはエンジン、タイヤの確認・点検。事務所でアルコールチェックと点呼をとって、いざ運転席へ。説明を受けながら実際にエンジンをかけ、アクセルを踏んだりドア開閉ボタンを押したり。「これはなんですか?」と興味津々な表情で質問もしていた。乗車したまま洗車が始まると、楽しそうに眺めていた。

 2歳頃から気付いたらバス好きになっていたという幹太くん。バスがずらりと並ぶ車庫に来て、バック駐車をしているところを見るのが好きだという。高速バスを見るためだけに、新横浜駅・羽田空港間のバスを利用することも。父の洋輔さんは大型免許を持つほどの運転好きで、マイクロバスで家族旅行をしたこともあったという。体験を終え、幹太くんは「ドアを開けたり閉めたりするのが楽しかった。大満足!」と笑顔で答えてくれた。

港北区版のローカルニュース最新6

野菜宝船鮮やかに

【Web限定記事】小机町 松本さん

野菜宝船鮮やかに 文化

横浜市役所に展示

11月26日号

災害時は”助け合い”

災害時は”助け合い” 社会

樽町連町とトレッサが協定

11月26日号

はじめての韓国語

はじめての韓国語 社会

岸根高で公開講座

11月26日号

自転車盗、不審者に注意

【Web限定記事】

自転車盗、不審者に注意 社会

港北署より

11月26日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク