港北区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

県政報告【14】 「てんかん」の病名を変えたい 県議会議員 武田しょう

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 「てんかん」は、脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす、慢性的な脳の病気です。厚生労働省の公開情報によると、乳幼児から高齢者まで、どの年齢層でも発病する可能性があり、患者の数も1000人に5人から8人、我が国全体では60万人から100万人の患者がいるとされています。

 このように、「てんかん」は決して珍しくない病気であり、最近ではその治療方法も進歩し、適切な抗てんかん薬を服用することで、多くの患者は発作を抑えながら、通常の社会生活を支障なく送ることができるようになってきています。

 しかし、「てんかん」の患者からは、職場や学校などで偏見の目で見られ、差別を受けることがあると聞きます。偏見や差別をなくすには、正しい知識の浸透が不可欠ですが、私は「てんかん」という病名にも原因があると考えています。

 「てんかん」の「癲(てん)」の字には「精神に異常をきたす」、また「癇(かん)」の字には「怒りやすい気質」という意味があるとされています。このように否定的な意味を持つ漢字で表記されるため、近年、新聞やテレビ等でひらがな表記が広まってきたと推察します。

 「成人病」は「生活習慣病」、「痴呆症」は「認知症」へと病名が変更されてきました。

 「てんかん」という病気や、その患者への偏見や差別を失くしていくには、病名を変えていくことが必要であり、県としても、国に要望していくことが求められていると考えます。

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

港北区版の意見広告・議会報告最新6

市民の市長誕生へ力を合わせます

市民の市長誕生へ力を合わせます

日本共産党 市会議員 白井 まさ子

1月1日号

「不安」を最小化する政治に

「不安」を最小化する政治に

衆議院議員 鈴木けいすけ

1月1日号

新しい生活様式のなかで

新しい生活様式のなかで

公明党 望月 やすひろ

1月1日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲民主党・無所属フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

1月1日号

港北の絆、新たなカタチで

港北の絆、新たなカタチで

自民党 さかい 誠

1月1日号

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県政報告

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク