港北区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

展示会を行うソープカービング講師の 海老原 記志江さん 師岡町在住 56歳

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena

新たな異文化 次世代へ

 ○…タイの伝統工芸、「カービング」の講師を始めて約8年。今では60人超の生徒がおり、地方や海外から来る人もいるのだとか。「出来上がった時の喜んだ顔が嬉しくて、続けていられます」。作品展ではそんな愛弟子たちのクリスマスモチーフ作品が並び、冬の訪れを告げる。

 ○…13年前、夫の転勤でバンコクへ。主婦業の傍らカービングを習い始めた。ナイフ1本で果物や石鹸を彫り進める作業は、不思議と無心になり、夢中になれた。在住中の4年半で基礎を習得し、教室のアシスタントを務めるまでに。帰国後、「文化の違いで”浦島太郎状態”」のなか、綱島のカルチャー教室で講座を開講。「手探りよね。教えながら技術を磨きました」。港北・都筑中心に店頭講習会などで教え続け、今年の1月に新横浜で現教室を構えた。初心者も簡単に楽しめるようにと、日本人好みのオリジナルデザインを用いるのがこだわりだという。

 ○…「バンコク転勤以外はずっと大倉山。」という生粋の港北人。物づくり好きの一家で育つ。娘のウエディングドレスを作ってしまうほど裁縫好きの母と、シルクフラワーを嗜むサロネーゼの妹とともに、大倉山記念館で作品展を開いたこともあるそう。短大卒業後から結婚・出産まで、電気メーカー事務、介護関係と全く畑違いの職に就いていた。幼少期から創作活動には全く縁がなかったことから「今の仕事を話すと旧友には驚かれる」と笑う。

 ○…「他に趣味はないの。朝から晩まで仕事」と目まぐるしい毎日を送るのは、カービングを全国に広めたいという思いがあるから。そのため、今後の目標は講師を輩出することだという。次世代のカービングマスターを育てつつ、新たな異文化を繋いでいくだろう。

港北区版の人物風土記最新6

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

飯山 精三さん

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める

飯山 精三さん

大倉山在住 83歳

6月27日号

加藤 光さん

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする

加藤 光さん

大倉山在住 22歳

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク