港北区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

大倉山3丁目 対象道路にハンプ等設置 速度超過防ぎ安全確保へ

社会

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena
実証実験時の様子
実証実験時の様子

 市道路局は、大倉山3丁目の一部生活道路にハンプと呼ばれる台形状の段差や狭さくを設置することを発表し、現在工事を進めている。対象区間で多発する車の速度超過や急ブレーキを防ぎ、住民の安全を確保することが目的。

 速度超過や急ブレーキが連続していた同区間は歩行者や自転車での通行者が多く、スクールゾーンにもなっている。そのため、国土交通省は2017年、ETC2・0の履歴から集められたビッグデータを分析し、大倉山3丁目地区の交通危険箇所を特定した。それをもとに市道路局は同年、安全対策としてハンプ及び狭さくの設置により速度が抑制されるかの実証実験を行った。その結果、スピードは時速10Km低下し、30Km以上出す車両が半減した。

 同実験について周辺住民を対象に実施したアンケートでは、自動車・バイクで通行する際、速度を落とすようになったという回答が約80%に上り、「継続して設置をお願いしたい」「安全性が高まる」などの声があがっていた。

 また、道路への出入りが不便になったという意見を受け、設置箇所を一部変更。そのほかハンプの色を光沢のある黒に変える、ごみ回収所近くにはポールを設置しないなどの工夫がなされるという。大倉山地区連合町会の飯山精三会長は「大きな事故はなくとも危険が潜む場所。周辺住民の要望にも対応してもらいつつ、安心して通れる道になるよう期待しています」と話す。

 道路工事は1月31日(木)まで(日曜を除く)、午前9時から午後5時まで行われる予定。
 

港北区版のトップニュース最新6

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

野菜作りで福祉に寄与

市民団体「コスモス畑」

野菜作りで福祉に寄与 社会

地域作業所と販売会共催

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook