港北区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

大倉山の変遷、「映像の記録」に 地区連町でDVDを地元に配布

社会

製作したDVDを手にする飯山精三大倉山連町会長(中央)、監修に協力した佐々木貞貴同地区防犯連絡協議会副会長(右)、小沢義雄同地区社協副会長
製作したDVDを手にする飯山精三大倉山連町会長(中央)、監修に協力した佐々木貞貴同地区防犯連絡協議会副会長(右)、小沢義雄同地区社協副会長

 大倉山地区連合町会(飯山精三会長)により制作されたDVD「大倉山夢まちづくり」が港北区役所や地元の小中学校へ配布・寄贈され、近年の大倉山の歴史や街づくりをたどる、貴重な資料となっている。制作の中心を担っていた、同連合町内会の飯山会長は「太尾」から「大倉山」へと町名も変更されるなど、大倉山の街の変遷を知る人が若い世代には少ないことや、自分たちの今までの活動のプロセスを広く地域の人に知ってもらい次世代へつなげたいという思いから、映像作品の制作を決めたという。「記念誌ではなく、映像の記録にしたのは若い人にも興味を持ってもらいやすいと考えたから」。構想は地区連町の役員の間で2017年頃からあり、1年間の行事すべての撮影・編集を経て、今年1月に完成した。

 撮影は、このDVD制作に強い思い入れを持っていた、故・植木貞雄大倉山夢まちづくり実行委員会代表が、同じ町内に住む映像クリエイターの藤川真臣さんに依頼し、17年から一年を通して、地域活動の撮影開始。18年にはその内容を「街づくり編」「防犯・防災編」「社会福祉編」の大きく3つにまとめ、編集。街づくりに携わった住民のインタビューを加え、約30分の映像作品に仕上げた。同連合町会や大倉山地区社協が母体となっている夢まちづくり実行委や、太尾防犯拠点センターの成り立ちと役割、恒例行事として定着した桜まつりのはじまりなど、今の大倉山が映像で解説された、非常に珍しい映像の「郷土史」となっている。

 完成したDVDは、大倉山記念館内の大倉山精神文化研究所附属図書館で貸出可能。動画のダイジェスト版は、YouTubeでも閲覧できる(大倉山夢まちづくり2019で検索)。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌う会が150回

歌う会が150回

4月23日、港北公会堂

4月23日~4月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク