港北区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

新横浜南口再開発準備組合 事業協力者と協定締結 3年後の都市計画決定へ

経済

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
点線の内側が再開発事業検討エリア(市ホームページより)
点線の内側が再開発事業検討エリア(市ホームページより)

 新横浜南口駅前地区市街地再開発準備組合(金子清隆理事長)は、3月に行われた臨時総会で事業協力者を決定。日鉄興和不動産・東京急行電鉄JVと正式に協定書を締結した。再開発事業では、駅前広場や遊水池、駐輪場など公共施設のほか、スーパー・保育園などの生活利便施設を含む商業・業務棟の建設も予定されている。

 同準備組合は、新横浜駅南部地区の新たな街づくり計画を推進するため、2018年3月から活動を続けてきた。今回の事業協力者には最終的に4者が提案書を提出。2回の審査後、決定に至った。

 再開発の対象となっているのは、JR東海とJR東日本の新横浜駅が交わる「篠原口」前を中心とした約3・5ヘクタールの区域。現在の新横浜駅前は、北側エリアに商業・業務ビルが集中、南側エリアは、時間貸し駐車場や低層アパート、戸建てなどが立地している。

 再開発事業は対象エリアを3つに分けて整備され、商業・業務棟のほか、分譲住宅、駐車場、駅前広場や公園、道路など公共施設も含む事業となる予定。南側エリアでは1994年に土地区画整備事業が都市計画決定。97年には事業計画決定していたが、合意形成が進まず、2003年に事業計画が廃止(都市計画は残っている)。駅前広場を含めた道路や下水道整備のほか、駅南北自由通路からのバリアフリー化も遅れている現状だ。

 金子理事長は「22年には相鉄・東急直通線が開通の予定。同じタイミングでの本組合移行をめざし、協力を求めていく」と今後の期待と意気込みを述べた。

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク