港北区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

令和の幕開け それぞれのチャレンジ 街の人に抱負聞く

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 「令和」とは、万葉集にある梅の花の歌から引用されたものであり、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められているそう。新しい時代が目前に迫った4月20日、本紙記者が新横浜公園、綱島公園、日産スタジアム周辺で新時代に向けた街の声を集めた。

 よく公園を利用しているという近藤光さん、輝くん=綱島在住=(写真【1】)。実は以前にも本紙に載ったことがあるそう。平成・令和と2つの時代での紙面への登場に喜びの表情を見せていた。

 日産スタジアムで行われたラグビーのイベントに参加した古屋さん=新横浜在住=(写真【2】)。かつて自身がラグビーをしていたことから「自分の子どもとラグビーをやってみたい」と生き生きした表情で語った。

 親子でテニスを楽しむ大久保さん親子=川崎市在住=(写真【3】)。「子どもが住みやすい未来になれば」と新時代への期待をみせた。

 スケートボードの体験教室に参加した浪岡さん一家=小机在住=(写真【4】)。スケートボードの上達はもちろんのこと「水泳大会で優勝したい」「サッカーを上達させたい」と様々なスポーツに挑戦したいと目を輝かせていた。一家の大黒柱は「家族の健康を願う」と優しい父の笑顔を見せた。

 わいわいと公園を駆け巡る山本さん親子=大倉山在住=、政さん親子=大曽根在住=、金澤さん親子=大倉山在住=、早島さん親子=大曽根在住=(写真【5】)。「ダンスなどの習い事にチャレンジしたい」と抱負を述べた。

 木陰でアイスを食べていた吉川さん兄弟、辨崎 さん=川崎市在住=(写真【6】)。「バンジージャンプに挑戦してみたい」「学校でできるようにドッジボールの練習をしたい」「ディズニーのショーを見たい」とそれぞれ元気いっぱいに話した。
 

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク