港北区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

日吉出身の第33代横綱 武蔵山の生涯知る 没後50年で資料展

文化

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
貴重な資料を手にする研究所員ら
貴重な資料を手にする研究所員ら

 日吉出身の力士第33代横綱“武蔵山武”の没後50年を記念した資料展「横浜と相撲展」が10月31日(木)〜2月1日(土)に大倉精神文化研究所附属図書館(横浜市大倉山記念館内)で開催される。現在でも横浜市出身の力士では唯一の横綱である武蔵山。戦前、一世を風靡したその生涯や功績を中心に貴重な資料が展示される。

 横綱誕生

 武蔵山は1909年に日吉村字駒林の農家の家に長男として誕生。幼い頃から体つきも良く力持ちだったため周囲から「おとな」と呼ばれていた。その強さは綱島諏訪神社の草相撲大会で度々優勝するほど。優勝賞品を母親にプレゼントするなど母親思いのエピソードも。強さが広まり、1925年、16歳で出羽ノ海部屋に入門。「お母さんを幸せにしたいからです」と入門を決めた理由を話した。初土俵から7場所で入幕を果たし、僅か5年で初優勝。その後は負けなしのスピード出世。小結から関脇をとばして一気に大関へ。1935年に横綱に昇進した。怪我をして1939年に引退するまで183戦149勝34敗、勝率は81・4%。圧倒的な強さとルックスの良さも相まって一世を風靡する人気者に。

武蔵山が残したもの

 真面目な性格は生涯変わることなく、読書を好み字も綺麗だったという。多くの人に愛され、没後も語り継がれる存在に。区内の小学校に土俵があるのはその名残と言われている。

 昨年の横浜アリーナでの相撲巡業を機に研究を開始した同所。武蔵山の活躍は戦前だったため資料集めには苦労したという。林宏美研究員は「横浜唯一の横綱の栄光をぜひ見に来てください。ここから未来の関取を目指すような人が現れたら嬉しい」と話した。

横綱昇進時は186cm116kg
横綱昇進時は186cm116kg

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 11月1日~4日 アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

フィリピンで障がい者支援

菊名出身の杉山さん

フィリピンで障がい者支援 社会

来日し現地の活動を報告

11月21日号

駅前に英国風花壇

綱島の市民団体

駅前に英国風花壇 社会

東急の助成金受け整備へ

11月21日号

慶大、3季ぶりⅤ

東京六大学野球

慶大、3季ぶりⅤ スポーツ

郡司主将、三冠王

11月14日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

詐欺防止へ警察署に協力

港北高校放送部

詐欺防止へ警察署に協力 社会

「騙されないで」と呼びかけ

11月7日号

44日間の熱闘、港北で幕

ラグビーW杯(ワールドカップ)

44日間の熱闘、港北で幕 スポーツ

機運の高まりに、街づくり

11月7日号

専門家が歴史紐解く

小机城

専門家が歴史紐解く 社会

トークショーに約80人

10月31日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一一大霊験所」。9時~16時、予約不要。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク