港北区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

日本一の卓球少女に 県大会v 馬場菜々美さん

スポーツ

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
馬場菜々美さん(新吉田小3年)
馬場菜々美さん(新吉田小3年)

 綱島の一角にある卓球場から、国内トップを目指す卓球少女がいる。先月行われた神奈川県小学生卓球大会の3・4年生の部で優勝した、馬場菜々美さん(新吉田小3年)だ。

 ラケットを握ったのは年長の時。経験者の父・健太郎さんと卓球部の兄・皓太郎さんの練習を見たのがきっかけという。「バックハンドドライブが得意」という菜々美さん。綱島の富士クラブで練習を積むと、わずか半年で出場した県大会で3位、全国への切符を手に入れた。そこからは本格的に週5日の練習の日々。同クラブのコーチ佐々木岩男・計子夫妻は「シャイだけど、負けず嫌い。人一倍の頑張り屋さん」と話す。

 10月の県大会、決勝で相対したのは、昨年敗れたサウスポー選手。コーチと徹底した左利き対策を講じ、見事フルセットの接戦を制して優勝を勝ち取った。試合中は緊張やミスへの不安が募ったというが「たくさんの練習が生きたと思う」と笑顔で振り返る。

兄の背中追いかけ

 現在は、同学年では県内唯一の強化指定選手に選ばれ、上級生の強化指定選手たちと研鑽を積む。今後は全国ベスト8を目標に、その先にある日本一を見据えている。

 憧れのプロ選手は「ドライブがすごい」という早田ひな選手だが、もう一人の目標が7歳上の兄。ずっと一緒に卓球をしてきた一番身近なライバルに「まだ勝ったことはないけど、いつか勝ちたい」と照れ笑いを浮かべる。健太郎さんは「2人で楽しそうに卓球をしている姿を見るのが一番の幸せ。いつか兄妹のミックスダブルスで活躍する日が来たら嬉しい」と目を細めた。

兄・皓太郎さんと打ち合う菜々美さん
兄・皓太郎さんと打ち合う菜々美さん

港北区版のローカルニュース最新6

”身近な光”の写真展

”身近な光”の写真展 文化

日吉で来春まで

11月19日号

大倉山エルム通り商店会プレミアム付商品券が使えるお店

ビジネスコンで特別賞

横浜医療情報専門学校

ビジネスコンで特別賞 教育

リハ現場支援ツール開発

11月19日号

プレミアム付食事券、発売

GO TO Eat

プレミアム付食事券、発売 経済

LINEやコンビニで

11月19日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク