港北区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

簡易テニス”テニピン” 体育授業に新たな風 小学校教諭が研究会

教育

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
競技を体験する教諭
競技を体験する教諭

 港北区小学校体育研究会は11月11日、簡易テニス「テニピン」の研究授業を実施した。考案者の今井茂樹さんを講師に、区内小学校の体育教師らが競技を体験。新学習指導要領に基づく授業づくりのほか、コロナ禍の打開策としても教育現場への導入が期待される。

 テニピンは、約40平方センチメートルのラケットを手袋のように手にはめてスポンジボールを打ち合う競技。都内の小学校教諭で日本テニス協会所属の今井茂樹さんが9年前に考案した。錦織圭選手もイベントでプレーするなど、初心者でも簡単な競技として注目を集め始めている。

 教育現場では、学習指導要領の改訂にともない「バドミントンやテニスを基にした易しいゲーム」が例示された。しかし「具体的なものが浮かばない」というのが現場の声。そこで区と連携している慶應義塾大学庭球部の坂井利彰監督が橋渡し役となり研究会が開催され、区内26校から体育教諭らが参加した。

 小学校体育におけるボールゲームでは、運動能力が低い子が「ボールに触れられない」「得点できない」といった課題があった。しかしテニピンは、交互に打つダブルス形式で実施。さらに最初の4球は必ずラリーを続ける(ミスした場合はそこから再開)するので、全員にプレー機会が保障される。「個が輝くスポーツ。苦手な子どもも、得点やショットを打つ楽しさを体験しやすい」と今井さん。

 さらに現在は、新型コロナの影響でサッカーやバスケットボールといった密集を伴う競技の実施が難航。接触機会の少ないテニピンは「新たな選択肢として教育現場の可能性を広げられるのでは」と区の職員も期待する。テニピンを初めて体験した篠原小学校杉崎太雄教諭は「手軽な割に奥深い。場所や用具の問題も残るが、児童も楽しく取り組めそう」と課題と可能性を語った。

12月5日・6日現地土地販売

新羽町建築条件付売地 2100万円 参考プラン(建物価格2280円)あり

http://www.kashiwakura.info/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

スポーツで地域貢献

横浜F・マリノス

スポーツで地域貢献 スポーツ

一般社団法人を設立

12月3日号

保育士確保に紹介冊子

港北・神奈川の14園

保育士確保に紹介冊子 社会

学生向けに1千部発行

12月3日号

コロナ禍でも「つながり」を

新横浜民児協

コロナ禍でも「つながり」を 社会

大きな輪求めラジオ体操

11月26日号

県大会2連覇、関東へ

県大会2連覇、関東へ スポーツ

大綱中女子陸上部

11月26日号

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク