港北区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた慶応大の投手 木澤 尚文さん 日吉在住 22歳

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena

思い出の地で活躍誓う

 ○…「ボールの強さが武器」と話す最速155キロの本格派右腕。1巡目の指名に「驚きと同時に、期待に応えないとという責任を感じた」と回想する。目標は”開幕一軍”。「1年間チームの戦力になれるように」と、現在は体力強化など春のキャンプに向けて研鑽を積んでいる。

 ○…千葉県出身。友人に誘われ、小2で少年野球チームへ。身長が高く当時からポジションは投手。6年時には県選抜に選出されるなど才気の片鱗を覗かせていた。甲子園での活躍や早慶戦への憧れから慶応高校へ進学。そのまま慶応大に進み、7年を日吉の地で過ごした。大きな転機は大学2年で迎えた、秋の早慶戦。先発を託されるも3回で降板し、「何がではなく、全て通用しないと痛感した」という悔しさが成長の糧になった。なかでも当時の助監督の”考えて練習すれば必ず上手くなる”という言葉は、「闇雲に量をこなすのではなく頭を使うことの大切さを学んだ」と野球観に大きな影響を与えたという。

 ○…「野球を忘れる時間はない」と休日もメジャーリーガーの投球動画を見て、選手や指導者の著書を読んで過ごす。そんな中、高校時代は練習終わりに週6日は通ったというのが、日吉の定食屋『とらひげ』。お気に入りの”にら丼”などボリューム満点の料理が183cmの体を育てた。「ご飯だけでなく、色々な相談もできる実家のような存在」と微笑む。

 ○…対戦が楽しみな選手は、郡司裕也捕手(中日ドラゴンズ)。「練習でも打たれた記憶しかない」という大学の1学年上の先輩だ。ヤクルトの本拠地・明治神宮野球場は共に汗を流した思い出の地。「自分を成長させてくれたマウンドで、三振を取ることで恩返しをしたい」と意気込む。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

高安 宏昌さん

港北図書館の館長に就任した

高安 宏昌さん

港北区在勤 58歳

5月7日号

鵜澤 聡明さん

4月1日付で港北区長に就任した

鵜澤 聡明さん

青葉区在住 58歳

4月29日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

4月22日号

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

昨年度新設された箕輪小学校の校歌を作詞・作曲した音楽家の

オオゼキ タクさん(本名:大関拓)

戸塚区出身 46歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

港北区出身 48歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「妙蓮寺本の市」を開催

「妙蓮寺本の市」を開催

5月15日、古民家HUGで

5月15日~5月15日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter