港北区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

学生とスポーツチーム 産学連携でグッズデザイン 選手人気投票経て商品化

社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
自身のデザインをあしらったグッズを手にする井上さん(左)と松尾さん=提供写真
自身のデザインをあしらったグッズを手にする井上さん(左)と松尾さん=提供写真

 学校法人岩崎学園(神奈川区)と、横浜市をホームタウンとし新横浜を拠点とするプロアイスホッケーチーム、横浜GRITSは昨年12月から産学連携プロジェクトに取り組んでいる。今春には新横浜にある岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校の学生がデザインしたチーム応援グッズが商品化され、同チーム公式オンラインストアで販売されている。

 産学連携プロジェクトの主な目的は、アイスホッケーの魅力を広め、同チームの認知度向上を図ることで横浜のスポーツ文化を盛り上げること。同学校法人が運営する専門学校の専門性を活かし、▼同チームアスレチックトレーナーのサポートを行うメディカルサポート▼試合の休憩時に実施する会場イベントの企画▼応援グッズの企画デザイン――の3つを柱としている。

 今回のグッズデザイン企画では、「新規ファンの掘り起こしにつながり、横浜の街に合うものを」との同チームのリクエストに学生が応じた。同専門学校の学生約70人が参画し、全117のデザインの中から、選手の人気投票により上位2つのデザインが選ばれた。

「気軽に身に着けて」

 採用されたのは、横浜の街並みに同チームのマスコットキャラクター、シロイルカのモチーフが取り込まれたデザインと、親しみやすい柔らかなタッチで描かれたアイスホッケー選手をモチーフとしたものの2種類。このデザインをあしらったTシャツやキーホルダー、ステッカー、スライドミラー、バッグが商品化された。

 前者をデザインしたのは総合デザイン科の井上裕杏さん(3年)、後者はグラフィックデザイン科の松尾凛さん(2年)。多くの候補から選出されたことに「先生から(選出の)メールをもらいびっくり」(井上さん)、「『新鮮で良い』と評価してもらえた」(松尾さん)と喜びの気持ちを表した。2人が心掛けたのは、スポーツファン以外でも気軽に使用し、身に着けることができるもの。井上さんは「(Tシャツを着て)横浜を歩けるようなデザインにしたかった」、また、松尾さんは「ゆるく、可愛く日常的なものを考えた」と作品への思いを口にした。

 同チームの運営会社、GRITSスポーツイノベーターズ株式会社・経営推進本部リーダー、河西智典さんは、「どれも柔軟な発想で、学生のデザインとは思えない」と取組みを振り返り、「若い世代のアイデアをチームに生かして、横浜を盛り上げたい」と今後の展開に期待を込めた。

 なお、グッズは横浜GRITS公式オンラインストアhttps://yokohamagrits.stores.jp/で購入できる。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook