港北区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

心身の健康を保つには? 6月病・コロナうつに注意

社会

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの長期化で、ストレスを抱えやすい毎日。加えて、この時期に気を付けたい心の不調「6月病」をご存知だろうか。あらゆるストレスと上手く付き合いながら、心の健康を保つ秘訣を探る。

ストレス兆候見逃さないで

 6月病は、5月の連休が終わり、新しい環境での生活が本格化する時期に起こる。蓄積していた疲労や緊張の糸が一気にほどけ、ストレスが身体の不調として表面化するもの。医学的な病名は「適応障害」といい、5月病と同じものに分類される。日本成人病予防協会によると、元々は新社会人や新入生がかかると言われていたが、近年では異動や昇進をした人や、環境が大きく変わった主婦・子どももかかることが分かっている。

 主な症状は不眠や頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などがある。これらが慢性的に続くとうつ病を発症する可能性があるため、その兆候を事前につかみ対策を講じることが大切だ。

 兆候は大きく分けて、身体・心・生活の変化の3種類。【1】身体の変化は起床が辛い、寝つきが悪い、食欲不振、頭痛―がある。【2】心の変化は不安や焦りを感じる、イライラする、楽しかったことに興味が無くなる―という変化が現れる。【3】生活面はお酒やたばこの量が増える、遅刻が増える―などの兆候が出てくる。

鍵は運動や気分転換

 兆候の多くは一時的なストレスであり、工夫して対処すれば時間とともに回復する。横浜市こころの健康相談センターによると、ヨガやストレッチなどで短時間でも体を動かす、決まった時刻に寝ることで生活リズムを整えるのが効果的という。対面だけでなく、電話やSNSを活用して、家族や友人とコミュニケーションを持つことも大切。人と会わない時でも身だしなみを整える、好きなことを行うといった気分転換も心の健康につながる。

 同時に気をつけたいのが「コロナうつ」。国立精神・神経医療研究センターなどが2020年9月、全都道府県の2万8000人に調査を行ったところ、全体の9・2%が重度の心理的苦痛を自覚していた。これは16年度の国民生活基礎調査で示された6・7%より高く、新型コロナの流行で人々のメンタルヘルスが悪化したことが伺える。コロナうつも先に挙げた対処法が有効となる。

抱え込まず相談を

 横浜市は、「こころの健康」に関する情報を市のサイト(「横浜市 こころの健康」で検索)で公開している。コラム「呼吸法とは」ほか実践できるメンタルケアのコツも紹介している。サイト内では、心の健康に関する相談窓口(横浜市こころの健康相談センター【電話】045・662・3522)も開設している。

港北区版のローカルニュース最新6

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月10日号

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ 文化

笑い、涙ありのトーク会

6月10日号

防火ポスター作品募集

港北消防署

防火ポスター作品募集 教育

対象は小学生以下

6月10日号

初夏のせせらぎ緑道を辿る

初夏のせせらぎ緑道を辿る 社会

7月3日、ガイドツアー

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter