港北区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

飲食店支援のための電子マネーサービスGIVEPO(ギブポ)を開発した 酒井 基宏さん 新吉田東在住 45歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

”やってみよう”が原点

 ○…コロナ禍で苦境に立たされる飲食店を「何とかして救いたい」との思いで、昨夏から開発に取り組んだ。「お店をサポートしたくても、その気持ちを実際の支援につなげるものが少ない。それならば、自分で作ってしまおう」と笑顔を見せる。プロジェクトはまだ始まったばかり。「多くの人に知ってもらい、支援を広げていきたい」

 ○…高校時代、『ジュラシックパーク』を見て「自分も映像を作ってみたい」と専門学校へ進学。卒業後は、CM制作のスタジオやテレビ局でドラマのCG加工のチーフも務めた。「達成感もあり、次はのんびり自分の時間を増やしたい」と、2015年に現職の物販会社を立ち上げた。取り扱うのは、遠隔操作とビデオ通話を融合させたテレプレゼンスロボットなどのニッチな商品。「新しい生活様式の中で、こうした技術には色んな可能性が詰まっていると思う」と話す。

 ○…横浜市出身。中高6年間は、流行の漫画に感化され剣道部で汗を流した。現在は、妻と3人の子どもとの5人暮らし。昨年から始めたという趣味のウォーキングは、健康づくりはもちろん、「自問自答しながらアイディアを考える時間」という。ギブポも音楽を聞きながら歩いている時に構想が浮かんできた。「歌詞にも勇気づけられてね」と雨以外は毎日欠かすことのない大切な時間となっている。

 ○…何事も「まずはやってみよう」がモットー。今も、コロナ禍で学校での社会科見学が中止となったことを知り、先のロボットを使った新しい見学の形を模索しているという。自身を「始めたことを継続していくことが苦にならないのが魅力」と微笑みながら分析。挑戦心と強い継続力で、新らしい可能性の扉をまた一つ開いていく。

港北区版の人物風土記最新6

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月26日号

山名 阿代(あつよ)さん

イラストレーターで新吉田小のキャラクター「しんよしだくん」を考案した

山名 阿代(あつよ)さん

日吉在住 56歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook