港北区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

八杉神社 70周年記念で書籍刊行 寺社と地域の歴史紐解く

文化

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
大祭式に参加した照本宮司(前列中央右)ら
大祭式に参加した照本宮司(前列中央右)ら

 八杉神社(照本禎宮司/大豆戸町239)が10月3日に創立70年を迎えた。節目を祝し、隣接する本乗寺とともに、記念書籍も刊行される。編纂の中心となった村上芳信さんは「寺社の歴史を学ぶことで地域を知れる。本を通じて郷土愛を育みたい」と話す。

 八杉神社は今から70年前、現在と同じ所在地にあった八王子社と杉山神社(ルームズ大正堂新横浜店付近)が合併する形で誕生した。創立日ちょうどとなった3日には、創立70周年記念大祭式を実施=写真。照本宮司の神事に加え、大豆戸地域に継承されてきた大豆戸囃子・神楽の記念演技も披露された。

本乗寺と共同で

 今回は周年記念事業として書籍を発行。宗祖降誕800年となった隣接する大寶山本乗寺(渡邉言之住職)と共同で、寺社の歴史と地域の変遷を綴る『わが町大豆戸の寺社 本乗寺・八杉神社』が12月に上梓される。

 契機を作ったのが、地域総合誌『蘖(ひこばえ)』を発行する大豆戸在住の村上芳信さん。教員を退職後、地域演劇や無料学習塾などを主宰していた村上さんが、塾の会報の企画として寺社に目をつけ、写真撮影や資料収集を行った。年明けに完成した紙面を、同神社奉賛会副会長の小谷田作夫さんが見て「素晴らしい内容なので、節目の記念に書籍化しよう」と小泉正さん・黒沢一雄さん(本乗寺)、岡本直美さん(蘖)を加えた5人で編纂刊行委員会を2月に発足した。

 書籍には、数多くの写真や資料がカラーで収められ、70年以上前の貴重な写真なども。また、実地調査では、合併後に杉山神社の社殿が熊野神社を経て現在の十二神社(緑区)に伝わったことなど新たな発見もあったという。制作に携わった大倉精神文化研究所の平井誠二理事長は「神社と寺院が協力して記念誌を作るのは意義深い。また、委員が丹念に足で調べた記録であり、未来へと続く貴重な財産となるはず」と太鼓判を押す。

 村上さんも「調査を通して大豆戸の街が大好きになった。寺社の歴史を通し地域を知り、郷土への愛を深めてもらいたい」と期待を口にした。

港北区版のトップニュース最新6

新田中が75周年

新田中が75周年 教育

世界地図作り、井戸寄贈

11月25日号

タクシー乗場新設

日吉駅東口

タクシー乗場新設 社会

年度内の運用開始へ

11月25日号

奉納杓子(ほうのうしゃくし)が文化財に

小机町本法寺

奉納杓子(ほうのうしゃくし)が文化財に 文化

オシャモジサマ信仰伝える

11月18日号

児童が選ぶ好きな本

港北図書館

児童が選ぶ好きな本 文化

初企画に約1500人投票

11月18日号

30年ぶり春秋連覇

慶応大野球部

30年ぶり春秋連覇 スポーツ

六大学野球、39度目V

11月11日号

新駅開業へ準備着々

相鉄・東急直通線

新駅開業へ準備着々 社会

22年度下期に開通予定

11月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook