港北区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

横浜市 用途地域等、見直しへ 社会情勢の変化に対応

社会

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は1996年以来となる用途地域等の全市的な見直しに向けて「基本的考え方」の案をまとめ、市民意見の募集を始めた。少子高齢化や人口減少に加え、ライフスタイルの多様化に対応した街作りを目指す考えだ。

 用途地域とは、計画的で秩序のある市街地形成のため、建物の建て方や土地の利用方法などのルールを定めたもの。市の諮問を受け、検討を進めていた市都市計画審議会は今年8月に「基本的な考え方」を答申。それを踏まえ、市は案をまとめ、2022年1月14日までの間、市民からの意見を募っている。

 重点施策に位置付けられているのが、「郊外住宅地の魅力向上」。現在、市は市街化区域の約4割を第一種低層住居専用地域に指定しており、郊外部を中心に低層の住宅地が広がっている。そのため、徒歩圏に日用品などを買える店舗がない地域も多く、高齢者などの生活利便性の面で課題が生じている。

 このような背景から案では、第一種の一部を2階建て以下で延床面積150平方メートル以下であれば、日用品店舗や喫茶店などが建築できるようになる第二種低層住居専用地域に見直すことを盛り込んでいる。

 緑区連合自治会長会の井上敏正会長は「買い物難民を増やさないため、身近な場所に店ができるのは良いこと」と話す。

 また、地域によっては「特別用途地区」に指定し、延床面積200〜250平方メートルの日用品店舗のほか、個人事業者らの仕事場であるコワーキングスペースやコミュニティカフェなどを誘致する方針。住むための場所から「住み、働き、楽しみ、交流する場所」へ転換させ、持続可能で価値の高い住宅地の創出を目指すという。

 さらに、第一種内で敷地が狭く老朽化した住宅が特に多い地区では、指定容積率を80%から100%に緩和し、建て替えを促していく。

 市担当者によると、22年度の夏以降に見直しの候補地を示す。その後、市民説明会での意見などを集約し、23年度以降に都市計画を変更する。

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

「たるちゃん文庫」開設

樽町地域ケアプラザ

「たるちゃん文庫」開設 文化

本で地域の輪をつなぐ

5月26日号

見える化で事故ゼロへ

見える化で事故ゼロへ 社会

区内企業が日本郵便と連携

5月26日号

"輝く女性"の日本一に

下田町在住藤江さん

"輝く女性"の日本一に 文化

美を競うコンテストで3冠

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook