神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2023年11月2日 エリアトップへ

消化器内科部長で、先日、「すい臓がん」についての市民公開講座を行った 関野 雄典さん 横浜労災病院勤務 45歳

公開:2023年11月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

「治るすい臓がん」を目指して

 ○…「『すい臓がん』と聞くと、皆絶望してしまうんです」。今回、5年ぶりに市民公開講座で講演した。5年相対生存率が、ほかのがんに比べて著しく低く、”恐れられている”すい臓がん。近年では治療法も進歩し、早期発見・治療で予後が大きく変わる。そういったことを知らせる役目だ。「質問が多く、外来のきっかけにもなったよう。地域の人のためになっていると感じる」

 ○…脳外科医の父が開院していた神奈川区に長く暮らす。「医者になれ」と言われたわけではなかったが、自然と医者への道を進んでいた。「やはり背中を見て育ったんですかね」。都内の中高一貫校に進み、山梨大学医学部に入学。方向性が見えてきた大学6年時に、その父が亡くなった。すい臓がんだった。診断がついて3カ月、あっという間の死にリアルを感じた。今、自分がすい臓がんを専門としていることに、「運命というか、決まっていたのかな」と、ふと思う。

 ○…2019年に発足した「すい臓がん早期診断プロジェクト」は、かかりつけ医から発症リスクのある患者を拾い上げ、治療成績が良い20〜10mm以下での診断を目指すというもの。それには「病診連携が必要不可欠」。繋がりのある他区の病院にも派生し、市との共同プロジェクトへと広がりを見せている。

 ○…妻と猫と暮らす家には、もうすぐ家族が増える。休みの日は、新生活の準備に忙しい。「ハウスメーカーに打ち合わせに行ったり、必要なものを買い揃えたり」と多忙ながらも充実した日々を、嬉しそうに話す。管理職になり、産休や育休の取得を推進する立場。「医者はまだまだ遅れていると感じる。自分が率先していきたい。スタッフの生活の充実、それが患者のためになる」

港北区版の人物風土記最新6

冨樫 剛一さん

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

新横浜在勤 52歳

2月22日

閏間(うるま) 眞治さん

港北あわ連連長などを務め、地域で精力的に活動している

閏間(うるま) 眞治さん

新吉田東在住 82歳

2月15日

外村 幸子さん

日吉の本だなで2月28日開催の朗読会に登壇する

外村 幸子さん

綱島西在住 76歳

2月8日

西川 悠里さん

手形アート教室を開き、赤ちゃんの「今」を残している

西川 悠里さん

小机町在住 34歳

2月1日

ゆじゃりさん(本名:中山縁)

区内26小学校に、自身の著書『ゆきがふるとき』を寄贈した

ゆじゃりさん(本名:中山縁)

新羽町在住 39歳

1月25日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

栄区在住 39歳

1月18日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook