「振袖ドール」の講習を行うフラワーカウンセラー中河原 悠子さん高田西在住 41歳

掲載号:2018年1月4日号

  • LINE
  • はてぶ

花の力で心に元気を

 ○…「心の支えになるお守りのようなものがあったらいいかも」。仕事に子育てと、ちょっぴりムリをして頑張ってしまう女性に向け、フラワー、カラーセラピーやフラワーエッセンスで心のメンテナンスを行っている。花や色彩に関する様々な資格を持っており、その知識を織り交ぜ、オリジナルのカウンセリングとフラワーアレンジメント講習会を開く。

 ○…あれもこれもと頑張りすぎてしまった過労で、体調を崩した大学時代。はっきりした診断は下されないが、外出もままならない不安定な日々が続いた。そんな時ファッション誌で見つけたのが、フラワーアレンジメントの資格だった。「一度始めたら、他の資格も全部取りたくなっちゃった」。当時は翻訳を仕事にしていたが、友人の結婚式で度々ブーケを製作する機会があり、花の仕事に惹かれるように。「お花には時間をかけても苦にならない」。そう感じたことが決め手だった。

 ○…フラワーカウンセラーを職にした延長で、更に手を伸ばしたのが「フラワーエッセンス」。花が放出するエネルギーを水に転写したもので、摂取することで心の安定を図る。「薬じゃ治らない、ストレスじゃ片づけられない不調を抱える人が周りに多かったんです」。彼女らを助けたいという決意は自身の経験からだろうか。花を使って困っている人を元気にしたいという思いは次第に強くなっていった。「昔は花束をもらっても興味がなかったのになあ。こんなに没頭するなんて、不思議」と自身を振り返って微笑む。

 ○…ジュエリーやカルトナージュなどハンドメイド好き。「子どもが寝た後製作に取り掛かると、いつの間にか深夜になっているの」と、一途な性格ゆえのとめどない集中力はうらやましいほど。今後の目標はカウンセラーを育てること。多くの女性の心の元気は、彼女の行動力によって生まれ続けるだろう。

  • LINE
  • はてぶ

港北区版の人物風土記最新3件

  • 池谷 完治さん

    新綱島駅前地区市街地再開発組合の理事長に就任した

    池谷 完治さん

    綱島西在住 62歳

    12月13日号

  • 奥野 康治さん

    「チャンバラ合戦」を行うNPO法人ゼロワンの東京代表

    奥野 康治さん

    大倉山在住 31歳

    12月6日号

  • 佐川 亜紀さん

    小熊秀雄「長長秋夜」の講演会を菊名で行う詩人

    佐川 亜紀さん

    富士塚在住 64歳

    11月29日号

新横浜障害年金相談センター

うつ病・脳梗塞・糖尿病・がんなど幅広い障害が「障害年金」対象 無料相談開催中

http://shinyokohama-shogai.com/

<PR>