都筑区版 掲載号:2012年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

親と子のつどいの広場 区内3か所目の開所 実家のような安心感を提供

親子の憩いの場として活用が期待される「親と子のつどいの広場つづき」(南山田3の14の19)。登録すれば気軽に利用できる
親子の憩いの場として活用が期待される「親と子のつどいの広場つづき」(南山田3の14の19)。登録すれば気軽に利用できる

 子育て中の親子を対象に、子育てに関する相談や地域住民のコミュニケーションの場を提供している「親と子のつどいの広場事業」。南山田に区内3か所目の広場がオープンし、4月13日に内覧会を開催した。

 横浜市の助成事業として展開する「親と子のつどいの広場」。0歳〜3歳位までの就学前児童とその保護者などが集まり、気軽に利用できるのが特徴。親子の交流はもちろん、悩み相談や子育てに関する情報を提供。主にNPO法人などの市民団体が運営を行い、地域のボランティアスタッフなども参加している。

 今回3か所目の広場として開所した「親と子のつどいの広場つづき」(【電話】045・593・4011)はNPO法人りんぐりんく(木村博子理事長)が運営しており、このほかに「ぷらっとカフェ」(仲町台1の20の11ヒルサイド303号室)も手掛けている。またNPO法人ホームズ都筑(福田昇代表)は、「すくすくサロン」(佐江戸町1829)を運営している。

 りんぐりんくの木村理事長は13日の内覧会で「もともと、子どもへの虐待を未然に防ぐことからスタートしました。(親と子のつどいの広場つづきは)一戸建てで『実家に帰ってきた』という感覚になれる場所になれれば」と話した。同広場ではスタッフ2人が常駐し、地域に根差した広場運営を目指す。開館日は月〜木の午前9時30分〜午後3時30分。利用料は大人200円(子ども無料)、新規登録大人300円。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク