都筑区版 掲載号:2014年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区都筑区 20周年へカウントダウン 市の発展担い、新たな一歩

 青葉区・都筑区ともに分区してから20年、今年11月6日で区制20周年の節目を迎える。鉄道や高速道路など、インフラを中心とした交通機関の発展とともに人口が急増してきた両区。『ハタチ』を迎えるに当たり、市の成長を担う両区の特徴に追った。

 2014年8月1日現在の横浜市の総人口は約370万人(約163万世帯)。市としては全国で堂々の1位を誇る。憧れの街として人気の高い横浜市だが、人口の隆盛がいつまでも続くわけではない。市の統計によると、2019年にピーク(約373万人)を迎えると、以降、右肩下がりに減少することが予想されており、本格的な少子高齢化時代を迎える。

 人口増加率の下降が予想される中、市内18区で将来人口の増加をけん引するのが『ハタチ』を迎えようとする青葉・都筑の”若い区”だ。住民の平均年齢でいえば、青葉区が42・43歳、都筑区が40・11歳で、ともに住民の若さでは市内の上位2位を占める。また、意外なデータとして市内上位にあるのが男性の平均寿命の高さだ。2010年の厚生労働省がまとめた統計で、都筑区は82・1歳、青葉区は81・9歳。市内では1位、2位に相当するが、全国でみても都筑区が3位、青葉区が8位というから驚き。

 若者から高齢者までの幅広い世代が集う両区の共通点は『住みやすさ』にあるという声も。今年7月に「都筑区VS青葉区こどもトークバトル」を開催したNPO法人ミニシティ・プラスの岩室晶子事務局長は「青葉区は都内へのアクセスが良く、都筑区は緑道や公園が整備されている。どちらも子育て世代が快適に暮らせて、安全安心というイメージが強いようです」と分析。また「イベントを通して分かったことは隣同士の区なのに実はあまりお互いの街を知らないということ。今後、両区を含めた市北部で交流を深めていけたら」とも話した。

誕生日は区民とともに

 『ハタチ』へのカウントダウンが刻一刻と近づいている。青葉区、都筑区ともに、11月1日の記念式典、3日の区民まつりをはじめとした各種記念イベントを開催し、区制20周年の節目を区民とひとつになって盛り上げていく。

暑中お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月26日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク