都筑区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

都筑区民文化祭の実行委員長を務める 金子 進さん 金子保商事代表取締役 茅ケ崎中央在住 66歳

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena

「文化の息吹」注ぎ込む

 ○…クラシックやロック、伝統芸能、花、絵画など、あらゆる団体が参加する都筑区民文化祭。実行委員長になり4度目を迎える。「みんなの潤滑油になれれば」とイベントを下支えしてきた。近隣企業や団体に自ら足を運び協賛を得る「縁の下の力持ち」だ。港北ニュータウンの開発事業が発表されてから早50年が経過。ひと段落した今、「文化を通し、人の心の豊かさを育みたい」。この地で生まれた人や訪れた人に「都筑っていいね」と言われる街づくりを念頭に活動を続ける。

 ○…中川小、中川中出身の地元育ち。「享保(江戸時代中期)と書かれたお墓がある」代々続く名家の生まれだ。長男として農家を継ぐため県内の農業高校に進学。その後、ニュータウンの開発もあり大学では経済を学んだ。農地の利活用などを理解するため、在学中に宅建の資格を取得した努力家。「当時の試験は六法全書の持ち込みが可能だった」と笑うが、合格率は3割程。先を見越し、堅実な学生生活を過ごした。

 ○…大学卒業後はJAに就職。不動産や預金、融資などの実務経験を約20年積んだ。開発で活気づく街、1996年の40代半ばに満を持して不動産業、金子保商事を設立。都筑区初代連合自治会長でもある父親の名前を会社名にした。「親父の信頼もあるし、敬意を表した」と照れ笑い。街づくりに尽力する「父の背中を見て育った。親を超えたいと思っている。先人が作り上げたニュータウンに文化の息吹をもたらしたい」

 ○…正覚寺総代や都筑の文化「夢スタジオ」委員長など10以上の役職を兼務する多忙な日々。会社のあるセンター南では商業地区振興会の会長としてイベントを取り仕切る。春まつりの鯉のぼりや冬場のイルミネーションは「セン南」の風物詩になった。「事故なく、無事にイベントが終わった時の達成感が原動力。この街で生まれたから」。ニュータウンのために、今日も街を駆け巡る。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

斉藤 俊文さん

コロナ禍でも障害者の雇用を守る合同会社源八の代表

斉藤 俊文さん

仲町台在勤 52歳

12月2日号

浜田 一平さん

「PEI」を池辺町にオープンさせた音楽家でイラストレーターの

浜田 一平さん

区内在勤 41歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

川野 楠己さん

2021年度のヘレンケラー・サリバン賞を受賞した瞽女研究家の

川野 楠己さん

都筑区在住 91歳

11月4日号

相澤 毅さん

池辺町でプロデュースしたものづくり拠点がグッドデザイン賞を受賞した

相澤 毅さん

青葉台在住 44歳

10月28日号

新保 真佐江さん

11月に演奏会を開催する都筑区三曲協会会長の

新保 真佐江さん

早渕在住 61歳

10月21日号

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook