都筑区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

区内の「デイサービスひまわり」に勤め、4月で90歳を迎える看護師の 川浪 正子さん 青葉区在住 89歳

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

心に寄り添う「看護の母」

 ○…茅ケ崎南のデイサービスで働き5年。卒寿を前にした今も週に1〜3回、血圧測定や介助、掃除を行う現役看護師だ。「『若い人が入るまで』と誘われて、気づけば今まで居座っちゃって」と謙遜しながら、「でもこの年まで続けられるのはありがたいこと。生まれつきの世話好きなので、今も昔も人の役に立ちたい一心です」と目を細める。

 ○…大正15年、北海道日高町の農家に生まれた。9人兄弟の末っ子。大家族の生活を切り盛りする両親を「助けたい」という思いで、幼い頃から家業の手伝いをかってでていた。「遊ぶ時間はなかったけど、母が『”まあ”がいれば安心だ』と人に話していると知って嬉しかった」と懐かしむ。当時は助け合いを大切にしていた時代。近所に入院している人の看病をよく頼まれる優しい母の姿を見てきたこともあり、終戦前の6月に18歳で看護婦の資格を取得。それから71年、この道一筋で歩んできた。

 ○…終戦直後は食糧難や厳しい上下関係に苦しんだ。愚痴をこぼして上司に告げ口されることを恐れ、誰にも相談できずひたすら耐える毎日。それでも「人前では笑顔でいなきゃ看護婦失格」と言い聞かせ、「どうしたら患者さんは元気になってくれるだろう」と考えることが自分を支える唯一の方法だった。「患者さんの笑顔に私の方が救われた」。相手と目を合わせ、耳を傾けて向き合う姿勢はこの頃学んだもの。リハビリのために身体障害を持つ人が多く通う現在の職場でも、相手に寄り添う心構えで高齢者やスタッフから慕われる、母親のような存在だ。

 ○…元気の秘訣は何でもよく食べ、日光に当たること。84歳で青葉区に引っ越してきて以来散策がお気に入り。自宅がある千草台から藤が丘駅まで、坂道をものともせずウォーキングしたこともある。「お手伝いでも何でもいい。続く限り続けたい」。誰かの役に立ちたい。まっすぐな思いを胸に今日も業務にあたる。
 

都筑区版の人物風土記最新6

山下 泰明さん

『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート〜アンマスクド〜』に出演している

山下 泰明さん

横浜市在住 劇団四季俳優

1月20日号

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

臼井 彩子さん

マルシェコーディネーターとして黄金町でマルシェを開催する

臼井 彩子さん

都筑区在住 37歳

12月16日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

緑区在住 50歳

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook