都筑区版 掲載号:2018年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で12代都筑区長に就任した 中野 創さん 港北区在住 57歳

「思い出深い地」で邁進

 ○…「プレッシャーはない。このまちを良くしていくことに職員一丸となって取り組んでいける。やりがいがある」。区民21万人超、職員391人のリーダーはその職責を楽しそうに話す。早速、江川せせらぎ緑道でのお花見会や山田富士公園のさくら祭りに参加。「住民が熱心に自分たちで汗を流して地域活動に取り組んでいる非常に素晴らしい地域性がある」と都筑区の印象を語る。

 ○…着任前は環境創造局公園緑地部長として、全国都市緑化よこはまフェア実行委員会事務局長などを兼務。昨年3月から約2カ月半に渡って開催されたフェアには約600万人が来場し、目標人数を大幅に上回った。「公園など一会場ではなく、分散型の会場で横浜のまちの魅力と花の魅力を演出した」。その言葉通り、来場者アンケートでは96%以上の人が「良かった」と好評を博した。

 ○…港北区出身。幼少期は「父親が漕ぐ自転車で本牧へ海水浴に行った」と思い出を語る。高度経済成長期、日々変わる横浜を見てきた。インフラ整備が進む一方、公害などが全国的に社会問題に。高校生の時、「緑の力が社会に役に立つのでは」と漠然と感じていた。大学は公園や緑などについて学べる学科を選択。卒業後、造園職として横浜市職員のスタートを切った。30代、公園部計画課時代にはセンター南駅前のすきっぷ広場や緑道、都筑中央公園の設計調整などを担当。自身にとって都筑は「思い出深い地」と表現する。

 ○…息抜きは週末のテニス。「親父仲間と汗をかいた後に飲むビールが楽しみ」と笑顔を見せる。今後は「都筑区ならではの魅力を生かしながら『人づくり、つながりづくり、魅力づくり』の視点を持って事業に取り組む」と都筑のふるさとづくりに邁進する。

都筑区版の人物風土記最新6件

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月21日号

滝本 沙奈さん

地元情報を発信するイッツコムの新番組「サタデーイッツコム」でMCを務める

滝本 沙奈さん

6月14日号

塩入 廣中さん

「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞したぐるっと緑道の代表を務める

塩入 廣中さん

6月7日号

飯田 達郎さん

横浜公演が開幕した劇団四季『ノートルダムの鐘』の主役の一人を務める

飯田 達郎さん

5月31日号

北田 典子さん

勝田町のBUDDY柔道場師範になった

北田 典子さん

5月24日号

青木 一泰さん

横浜市北部ミニバスケットボール連盟の理事長を務める

青木 一泰さん

5月17日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第15回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    6月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク