都筑区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • はてぶ

グリーンライン川和町駅周辺 再開発が本格始動 農地の宅地化など進める

社会

起工式でくわ入れを行う岩澤理事長
起工式でくわ入れを行う岩澤理事長
 市営地下鉄グリーンライン川和町駅周辺西地区の土地区画整理事業の起工式が7月2日に開かれ、川和の再開発が本格的に動き出した。今後、広い農地を宅地化するなどのインフラ整備が行われる。

 川和町駅の1日当たりの平均乗降者数は、昨年度8347人。10年前の4360人と比べると約2倍に増加しているが、区内8つの駅の中で、最も少ない利用者数だ。

 かつて役所や警察署、郵便局など公的機関が集積し、周辺地域の政治・経済の中心地として栄えていた川和地区。1965年に港北ニュータウン開発が発表されたが、川和は対象地区に入っておらず、まちの発展は徐々に遅れを取っていった。

 こうした状況を受け、08年の川和町駅誕生を契機とし、地元住民が中心となって新たなまちづくりを検討。今年3月には同地区土地区画整理組合(岩澤伸夫理事長)の設立を横浜市が認可した。

コンパクトで活気あるまちに

 開発を進めることになった西地区は、川和町駅と県道12号(横浜上麻生線)が交差する東西約350m、南北約600mにわたる施工面積約7・3ヘクタールのほとんどが農地だ。同組合が掲げるまちづくりのテーマは「コンパクトシティ」。「徒歩でさまざまな用事を済ませることができる、地域に密着した活力あるまちを目指す」としている。

 駅前では日常的に買い物ができる商業施設や各種サービス施設、住宅が集積した複合市街地の形成を目指す。また約4万平方メートルの宅地や公園、街路なども整備していく。さらに駅利用者の利便性向上に向けた車両乗降スペースの設置や、無電柱化なども検討していく予定だ。

 起工式には同組合関係者や区選出の県義、市議など約70人が参加し、盛大に執り行われた。事業計画では約1600人の人口増を目標とし、21年3月までに土地造成工事を終わらせたい意向だ。

 ある地権者は「買い物をするにも不便なエリア。幅広い年代が集い、交流できるようなまちになれば」と話す。

 岩澤理事長は「『川和町に住みたい』と思われるような、安心安全で魅力あるまちづくりを進めていく」と期待を込める。

都筑区版のトップニュース最新6件

「つづきブルー」で地域交流

ものづくり団体bau

「つづきブルー」で地域交流

11月15日号

団員数急増 定員に迫る

横浜市消防団

団員数急増 定員に迫る

11月15日号

「移動図書館」実現へ

本好き有志ら

「移動図書館」実現へ

11月8日号

風疹、感染止まらず

横浜市

風疹、感染止まらず

11月8日号

「危険バス停」市内41ヵ所

横断歩道またぎ乗降停車

「危険バス停」市内41ヵ所

11月1日号

校章の“野いばら”再生

折本小3年1組

校章の“野いばら”再生

11月1日号

この秋は川和市民の森へGO!

変わる街、残る自然!子どもから大人まで楽しめる!

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/green/guidemap/20kawawa.pdf

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第22回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    11月15日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク