都筑区版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

折本小3年1組 校章の“野いばら”再生 卒業までに開花目指す

教育

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena
挿し木を前に3年1組の児童と白須教諭(左中段)
挿し木を前に3年1組の児童と白須教諭(左中段)

 折本小学校3年1組の児童は、同校の校章にある植物「野いばら」を再生させる活動に取り組んでいる。卒業するまでに花を咲かせ、校内にバラ園を作ることを目標にしている児童らを取材した。

 来年70周年を迎える同校。開校当時、学区内のあちこちで自生していた野いばらのように「子どもにも清楚でたくましく育ってほしい」という願いから、真宗大谷派真照寺(折本町)の先々代住職である故・雲井麟靜氏が同校の校章を考案した。

 しかし、3年1組の33人からは「野いばらなんて見たことない。今でも残っているのかな」という声が上がり、4月から授業の一環として花を探すことに。同寺院の雲井耀一住職や町内会員など、多くの人に会い情報を集めたが、見つけられなかった。捜索から4カ月経った頃、地域住民から大熊町在住の斉藤久一さん(69)の農地にあるかもしれないとの連絡が入った。

 児童はすぐさま現地に駆けつけ野いばららしき植物を発見したが、開花時期が過ぎており自分たちでは判別できなかった。そこで仲町台にある種苗会社(株)サカタのタネの新井裕之さんに調査を依頼。葉の色や形などから、野いばらと確認された。斉藤さんは「言われてみれば昔はこの一帯白い花が咲いていた。子どもが忘れかけていた都筑の原風景を思い出させてくれた」と目を細める。

 斉藤さんから枝を分けてもらった児童は、9月20日から挿し木にして花を再生させる取り組みを始めた。卒業までに花を咲かせ、いずれは校内にバラ園を作ることを目指しているという。

 担任の白須沙也香教諭は「どんどん愛着が湧き、毎日水やりを取り合うくらい、子どもたちは本気で育てている」と話す。

「すみかを作りたい」

 挿し木にしてから約1カ月経った10月23日、野いばらの様子を観察する授業が行われた。12本植えたうち2本は枯れてしまったが、残った枝からは葉や根が出ており、子どもたちは声を上げて喜んだ。高村みこさんは「人が大勢住むようになったから野いばらは少なくなったと思う。今度は私たちがすみかを作ってあげる番」と目を輝かせた。

野いばらをモチーフにした校章
野いばらをモチーフにした校章

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

災害時等に備え改修終了

市歴史博物館

災害時等に備え改修終了 文化

4/1から再始動

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

都筑区に美容専門職大学

ミス・パリ・グループ

都筑区に美容専門職大学 教育

オンワード跡地 来春開学

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク