都筑区版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

折本小3年1組 校章の“野いばら”再生 卒業までに開花目指す

教育

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena
挿し木を前に3年1組の児童と白須教諭(左中段)
挿し木を前に3年1組の児童と白須教諭(左中段)

 折本小学校3年1組の児童は、同校の校章にある植物「野いばら」を再生させる活動に取り組んでいる。卒業するまでに花を咲かせ、校内にバラ園を作ることを目標にしている児童らを取材した。

 来年70周年を迎える同校。開校当時、学区内のあちこちで自生していた野いばらのように「子どもにも清楚でたくましく育ってほしい」という願いから、真宗大谷派真照寺(折本町)の先々代住職である故・雲井麟靜氏が同校の校章を考案した。

 しかし、3年1組の33人からは「野いばらなんて見たことない。今でも残っているのかな」という声が上がり、4月から授業の一環として花を探すことに。同寺院の雲井耀一住職や町内会員など、多くの人に会い情報を集めたが、見つけられなかった。捜索から4カ月経った頃、地域住民から大熊町在住の斉藤久一さん(69)の農地にあるかもしれないとの連絡が入った。

 児童はすぐさま現地に駆けつけ野いばららしき植物を発見したが、開花時期が過ぎており自分たちでは判別できなかった。そこで仲町台にある種苗会社(株)サカタのタネの新井裕之さんに調査を依頼。葉の色や形などから、野いばらと確認された。斉藤さんは「言われてみれば昔はこの一帯白い花が咲いていた。子どもが忘れかけていた都筑の原風景を思い出させてくれた」と目を細める。

 斉藤さんから枝を分けてもらった児童は、9月20日から挿し木にして花を再生させる取り組みを始めた。卒業までに花を咲かせ、いずれは校内にバラ園を作ることを目指しているという。

 担任の白須沙也香教諭は「どんどん愛着が湧き、毎日水やりを取り合うくらい、子どもたちは本気で育てている」と話す。

「すみかを作りたい」

 挿し木にしてから約1カ月経った10月23日、野いばらの様子を観察する授業が行われた。12本植えたうち2本は枯れてしまったが、残った枝からは葉や根が出ており、子どもたちは声を上げて喜んだ。高村みこさんは「人が大勢住むようになったから野いばらは少なくなったと思う。今度は私たちがすみかを作ってあげる番」と目を輝かせた。

野いばらをモチーフにした校章
野いばらをモチーフにした校章

常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://megumi.hazawa.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

全国大会で5位入賞

川和高ダンス部

全国大会で5位入賞 スポーツ

「パパラッチ」テーマに熱演

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月17日号

県警初インスタ開設

都筑警察署

県警初インスタ開設 社会

不法侵入禁止呼びかけ

9月10日号

市内観光、復興遠く

市内観光、復興遠く 経済

ホテル稼働4割の低水準

9月10日号

国土交通大臣賞を受賞

仲町台駅前ハマサポ

国土交通大臣賞を受賞 社会

商店街、自治会と連携

9月3日号

コロナ禍で申込み7倍超

生活困窮者自立支援制度

コロナ禍で申込み7倍超 経済

家賃給付要件緩和も一因

9月3日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク