都筑区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる 岸本 拓也さん 青葉区在勤 45歳

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

パン屋で街を元気に

 ○…言わずと知れた高級食パンブームのなか、『考えた人すごいわ』『これ半端ないって!』など一度目にしたら忘れられない店名と店構えでブームを牽引。ベーカリープロデューサーとして全国各地におよそ300店舗をオープンさせた。今年3月にセンター北にオープンした『誰にもあげない』を手掛け、さっそく話題を集めている。昨年だけで開業させたのは133店舗。遠い場所でも開店時には足を運ぶ。「『僕の街にも変なおじさんが来た』って喜んでもらいたいからね」

 ○…2012年、震災後の岩手県で「パン屋を作ってほしい」と依頼されたことから開業支援を始めた。外資系ホテルに勤め培った広報やマーケティングの知識や開業したパン屋での経験を生かし取り組んだ。「涙を流して喜んでくれたのは本当に嬉しかった」。岩手での経験を自信に翌年8月に起業しベーカリープロデューサーとなった。

 ○…横浜市出身。中学で知り合った先輩の影響で音楽好きに。ギターやベースを弾きオリジナルの歌も作成した。「ここで自分らしさが確立されたかな、今でも歌うよ」とにっこり。高校では生徒会長になり、電車の増便を公約に掲げた。理由は「電車の本数が少なく遅刻しそうだったから」と茶目っ気たっぷり。奇抜なアイデアは今にも繋がっているようだ。

 ○…幼少期、金曜日にだけ母親が六角橋商店街で買ってくれるケーキ屋の食パンが忘れられない味だ。「いつもはスーパーだが金曜日は違う。前日の夜から楽しみになる特別なパン」。そんな思い出から食パンへの思いはひとしおだ。「食パンは毎日食べるもの、毎日のドラマを演出する人生のようなもの」。熱い思いを込め人生の思い出に残る全世代に愛されるパン屋を作り続ける。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

浜田 一平さん

「PEI」を池辺町にオープンさせた音楽家でイラストレーターの

浜田 一平さん

区内在勤 41歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

川野 楠己さん

2021年度のヘレンケラー・サリバン賞を受賞した瞽女研究家の

川野 楠己さん

都筑区在住 91歳

11月4日号

相澤 毅さん

池辺町でプロデュースしたものづくり拠点がグッドデザイン賞を受賞した

相澤 毅さん

青葉台在住 44歳

10月28日号

新保 真佐江さん

11月に演奏会を開催する都筑区三曲協会会長の

新保 真佐江さん

早渕在住 61歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

桐蔭横浜大学出身 25歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook